バストに不満がある女性ほど「乳がん」セルフチェックをしていない

バストに不満がある女性ほど「乳がん」セルフチェックをしていない
バストに不満がある女性ほどセルフチェックをしていない(depositphotos.com)

 英アングリア・ラスキン大学心理学教授のViren Swami氏らの研究チームは、「バストサイズに不満がある女性」は、自分の乳房にしこりなどの異変がないかどうかを調べる「乳がんセルフチェックを怠りがちだ」という研究成果を『Body Image』誌(1月2日オンライン版)に発表した(「HealthDay News」2018年1月10日)。

 研究チームは「バストサイズへの不満度」と「乳がんセルフチェックの頻度」や「受診行動」との関連性を検討するため、18~76歳の英国人女性384人を対象に回帰分析(データの関係性や傾向の予測)を実施した。

 その結果、384人のうちの31%は「自分のバストが大き過ぎる」ことに、44%は「バストが小さ過ぎる」ことに、それぞれ不満を持っていた。そして、不満を持つ女性の33%が「乳がんセルフチェックをほとんどしない」または「全くしない」と回答した。

 さらに、乳房の異変を気づけば、55%は「すぐに医師を受診する」と回答。10%は「できるだけ受診を遅らせる」あるいは「受診しない」と回答。バストサイズへの不満は、乳がんセルフチェックの頻度の低下や受診の遅れにつながりやすい事実が判明した。 

 Swami氏は「バストサイズに不満がある女性は、羞恥心や屈辱感を呼び覚まされ、身体像(ボディイメージ)が脅かされるため、乳がんセルフチェックを回避しやすい」と説明している。

 さらに「普段から乳房の状態に注意を払いつつ、乳がんの早期発見を提唱する『Breast Awareness』の考えが広がれば、乳房を審美的な側面からでなく、機能的な側面から見る女性が増えるかもしれない」と期待している。

検査の負担が少なく高精度に乳がんを検出する「乳房専用PET装置」

 2016年に乳がんで死亡した日本人女性は1万4015人。乳がんは、30~64歳の死亡原因のトップを占め、35年前より3倍以上の増加傾向が続いている(厚生労働省人口動態統計:2017年9月15日発表)。

 だが、バストに不満があり、乳がんセルフチェックをしない女性が少なくない。どうすればいいのか? 乳がんセルフチェックの心理的なストレスを和らげつつ、検査の物理的なバリアを低くするのが得策だろう。

 検査の分野でも新しい動きがある。島津製作所が開発した乳房専用PET(陽電子放射断層撮影)装置「Elmammo Avant Class(エルマンモ・アヴァン・クラス)」だ。

 島津製作所のプレスリリースによれば、乳房専用PETは国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による委託業務の成果に基づいて、約40年にわたるPET技術を集約し、2014年に製品化された乳房専用PET装置「Elmammo」の後継機だ。その特徴は――。

 第1に、被検者は装置の上でうつ伏せになり、検出器ホールに片側ずつ乳房を入れるだけで検査を受けられる。マンモグラフィ検査のような乳房の圧迫による痛みはなく、しかも全身PET装置では取得が難しい診断情報も得られる大きな利点がある。

 第2に、「Elmammo」の特長である高感度と全身PET装置の約2倍の解像度を受け継いでいるため、検診精度の信頼性が高い。

 第3に、寝台上面と検出器間の距離を可能な限り短縮したことから、胸壁部分に生じやすいブラインドエリアが縮小され、寝台の形状変更によってさらに快適に受診できる。

 第4に、日本人女性に多い高濃度乳房の検査にも有効であるため、抗がん剤による治療効果の判定に利用できる。

 第5に、過去に蓄積された多くの臨床例を再検証し、検出器の構造の最適化を図っているので、導入コストが低減されている。

 ただ、エルマンモ・アヴァン・クラスによる乳房専用PET(陽電子放射断層撮影)は、同じ検査日に全身PET検査を併せて行った場合に限って、健康保険が適用される。

乳がんのリスクのセルフチェック

 このような検査の分野で新しい可能性が広がり、乳がんのリスクが低くなるのは有難い。誰でも乳がんにかかるリスクがある。乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える活動を続けている「ピンクリボンフェスティバル」よると、以下の項目に当てはまる女性に注意を促している(http://www.pinkribbonfestival.jp/about/)。

□40歳以上
□初潮が早く(11歳以下)、閉経が遅い(55歳以上)
□初産が30歳以上
□出産経験がない
□閉経後の肥満がある
□乳腺疾患(乳腺症など)にかかったことがある
□家族(祖母・母・姉妹)に乳がんや卵巣がんにかかった人がいる

 少しでも「乳がんかなと?」思ったら、必ず乳腺外来の専門医を訪ねてほしい。
(文=編集部)

●参考
▶︎日本乳癌学会乳腺専門医
▶︎日本乳がん検診精度管理中央機構

あわせて読みたい

ヘルスプレスの記事をもっと見る 2018年2月18日の社会記事
「バストに不満がある女性ほど「乳がん」セルフチェックをしていない」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    という事は日本の99.9%の女性ですか?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら