ゴースト血管って何? 動脈硬化、肝臓病、認知症、骨粗しょう症などの原因に!

 「人は血管とともに老いる」。医学の暗黒時代の19紀に現代医療の基礎を築いた名医ウィリアム・オスラー博士の強い警告は真理だ。このところ注目を集めている「ゴースト血管」もこの言葉と深い関係がある。

 体内最大の臓器、血管は心臓から出る血液を送る動脈と心臓へ戻る血液を送る静脈、さらには細動脈と細静脈をつなぐ毛細血管(capillary vessel)からなっている。

全身の血管のおよそ99%が毛細血管

 毛細血管は、動脈と静脈をつなぎ、およそ100億本が全身に網の目のように張りめぐらされている。全身の血管のおよそ99%を占め、酸素、栄養素、ホルモン、体温、水分、白血球の輸送路になり、不要な二酸化炭素や老廃物の回収路になる。
 
 毛細血管の全長は約9万9,000㎞(地球2周半の長さ)。直径約0.01mm(髪の毛の10分の1)の肉眼で見えない超極細血管なので、赤血球が1列に並んでやっと通れる太さしかない。だが、約37兆個の細胞と0.03mm以内の超至近距離を常に保っている。

 毛細血管の壁は「内皮細胞」と薄い「基底膜」からなり、この2層が酸素と二酸化炭素の代謝交換を行う。

 「内皮細胞」の外側に点在する「周皮細胞」は、血流を調節している。毛細血管に損傷が生じると活性化し、コラーゲンをつくり、傷を修復したり、新しい血管をつくるのも、「周皮細胞」の重要な働きだ。

 毛細血管は、安定した構造をしているものの、致命的な欠点がある。

 加齢、活性酸素、ストレス、生活習慣の乱れなどの影響を受けると、脆くなり、壊れやすくなるからだ。
 

「ゴースト血管」はさまざまな病気を引き起こす

 では「ゴースト血管(Ghost vessels)」とは何だろう?

 動脈から静脈に移行する部位にある毛細血管の一部が消失(ゴースト)するために、血液が通わなくなり、血流機能が停止した状態の毛細血管、それが「ゴースト血管」だ。

 なぜ「ゴースト血管」が生じるのだろう?

 毛細血管は、加齢とともに減少するからだ。30代から少しずつ壊れ始め、40代半ばから活動しない血管量が急増する。

 さらに60~70代になると20代よりおよそ3~4割も減少するため、細胞が酸素不足や栄養素欠乏になり、毛細血管の機能低下や劣化によって、動脈硬化、肝臓病、認知症、骨粗しょう症などの重篤疾患の発症につながりやすい。

 しかも、年齢とともに増えるシミ、シワ、たるみ、くすみなどの肌トラブルや、冷え、むくみなどの女性特有の悩みの引き金にもなる。

 加齢に伴って、毛細血管の減少や機能低下が進むことから、「ゴースト血管」を「無機能血管」とも呼ぶ。

 老化や病気を防ぎ、アンチエイジングの切り札になるのが「毛細血管力」ということになる。

 それでは「毛細血管力」をアップするにはどうしたらいいのか?それは、副交感神経を優位に保ちつつ、毛細血管を開く時間を確保し、毛細血管に血流を促すことに尽きる。

 毎日の規則正しい食事、ストレスのコントロール、血流を上げる適度の運動、入浴、睡眠が鍵だ。

 ちなみに、「ゴースト血管」については、たとえば、以下のような「毛細血管」の基礎・応用研究や臨床研究が続けられているので参照して欲しい。

●「血管はどのように形成されるのか?血管新生と組織幹細胞の分子機構の研究」(大阪大学微生物病研究所 高倉伸幸教授(http://st.biken.osaka-u.ac.jp)

●「角膜ゴースト血管の研究」(オックスフォード大学 Concise Medical Dictionary (8 ed.) Oxford University PressPrint Publication Date: 2010Print ISBN-13:)

●「毛細血管の生理学に関する研究」(Wiley Online Library onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1113/jphysiol.1921.sp001985/pdf)

●「血管機能の非侵襲的評価法 動脈硬化を診る研究」(広島大学原爆放射線医科学研究所ゲノム障害医学研究センター 東幸仁教授(http://www.c-linkage.co.jp/myakuha_k/data/history/16/el01.pdf)

 これからの健康の新たなテーマは「毛細血管力」になりそうだ。
(文=編集部)

あわせて読みたい

ヘルスプレスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「ゴースト血管って何? 動脈硬化、肝臓病、認知症、骨粗しょう症などの原因に!」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    がんの世界では血管新生は悪者扱いされているんだけど、そのあたりはパスかね。

    2
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「生活習慣病」のニュース

次に読みたい関連記事「生活習慣病」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「心不全」のニュース

次に読みたい関連記事「心不全」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「肝硬変」のニュース

次に読みたい関連記事「肝硬変」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月3日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。