アラフォー世代の加齢臭の原因は......頭皮の臭いを消す3カ条とは?

アラフォー世代の加齢臭の原因は......頭皮の臭いを消す3カ条とは?
アラフォー世代の「加齢臭」の原因は?(depositphotos.com)

 紫外線量が増え出すこの時期は、肌のケアだけでなく、頭皮のケアも怠らないことがアンチエイジングにつながります。

 頭皮は日光が直接当たるため、身体の中でもダメージの多いゾーン。頭皮が焼けると薄毛や細毛を誘発してしまうので、頭皮用の日焼け止めや日傘で防御するクセをつけたいものです。

 そしてこの時期、もうひとつ気になるのが「臭い」の問題。「頭皮の臭いが気になる」という悩みは、アラフォーから増加傾向にあります。

 「これって加齢臭?」と不安に感じる人も多いと思いますが、そもそも皮脂は年齢と共に粘性が強くなるもの。そのため、20代の頃と同じシャンプー法では、汚れがきちんと落ちきらない、という現実があるのです。

 しかし、汚れオフのポイントさえ理解すれば、臭いをきちんと消すことも可能です。「加齢臭かも......」とショックを受ける前に、まずは普段のケアを見直すことからはじめましょう。

加齢臭の原因はトリートメントの間違った使い方

 アラフォー世代は加齢臭を気にする一方で、普段のお手入れがきちんとできていない人が多いようです。子育て中の人は、幼い子どもと一緒に入浴することで、自分のことは後回しになりがち。

 シャンプーも、とにかく短時間で仕上げることが優先されてしまうのも当然です。

 さらに30代後半頃から、髪そのもののダメージが以前より増えるため、どうしてもトリートメントが中心のケアになりがち。ところが、トリートメントの間違った使い方は、加齢臭を招くこともあるのです。

 トリートメントは、傷んだ髪の修復に使用するアイテムです。毛先から中間部分に塗布するものですが、ダメージを気にする人は、根元から毛先までたっぷり塗布する傾向があります。

 すると、頭皮にもトリートメントがべったりとつき、油分過多な環境になってしまいます。

 しかも、「トリートメントはすすぎ過ぎないほうが効果的」という誤った情報をいまだに引きずる人が少なくありません。自らが、頭皮を一層ベタつかせる原因を作っているのです。

頭皮の臭いを一発で消すテクニック3カ条

 アラフォー世代は先にも述べたように、若い頃とは皮脂の質が違います。皮脂は年齢と共に粘性が強くなり、落ちにくくなっているので、今すぐに頭髪の洗い方を見直しましょう。

①「予洗」がいちばん大事! シャンプーは「頭皮」を洗う

 予洗とは「ざっと汚れを落としておくこと」。だいたい1分を目安に行うと、汚れの7割程度が落ちるといわれています。また、頭皮に十分な水分が行き渡り、シャンプーの泡立ちもよくなります。

 シャンプーは、髪に直接つけて洗うと、それだけで洗った気になってしまいます。適量を手のひらに取ったら、「髪」ではなく「頭皮」に乗せて、そこで一気に指の腹でマッサージしながら泡立てましょう。

②すすぎ残しが臭いを作る! 徹底的に流す

 せっかく頭皮を洗っても、シャンプー剤が残ると臭いが発生します。シャワーは上から当て、指の腹で髪をかきわけ、まんべんなく洗い流しましょう。特に襟足と耳後ろは、下を向き髪をかきわけ、しっかりとすすぎます。

③トリートメントは毛先から中間のみ! 十分に流し落す

 最近は頭皮用トリートメントやクリームも発売されていますが、通常のタイプは頭皮につけないようにします。シャンプーでせっかく汚れや脂を取り除いたのに、また油分を乗せることになります。

 おまけに、根元側につけると、髪にボリュームのない人ほど、余計にペタッとしてしまうので注意が必要です。

 すすぎは、シャンプー同様、十分に洗い流し、余計な油分を落とすことが鉄則。「すすぎ過ぎると髪がきしむ気がする......」と不安な人は、髪の毛先から中間にコンディショナーを少量プラスしましょう。

 トリートメントは髪の毛の内部に浸透するので、基本的にはどんなにすすいでも全て洗い流れてしまうことはないのでご安心を。

臭いが発生しやすいのは頭頂部・襟足・耳後ろ

 頭部の中でも、特に臭いが発生しやすい箇所があります。それは「頭頂部」「襟足」「耳後ろ」。さらに、「生え際」も額の皮脂が混ざりやすいので、に丁寧に洗いましょう。

 耳後ろと襟足の臭いの原因に多いのが、「洗い残し」「すすぎ残し」です。特に耳後ろはシャンプーとトリートメントの残留が目立つゾーン。気を配りましょう。

 40代の髪は、ケア次第で美しさをキープできます。夏の臭いケアも少しの意識で差が出ます。ぜひトライしてみてください。
(文=小澤佐知子)

小澤佐知子(おざわ・さちこ)
美容ライター。小学館や学研で外部編集者を経験した後、出産を機にフリーランスに転身。以後、美容ライターとして計50誌以上で取材・執筆を行う。現在はヘアケア・ヘアデザインなど「髪」に関する記事の企画・構成・取材を中心に活動。雑誌や書籍以外にWebサイトでコラムやインタビューの連載を持つ。東京都内のヘアサロンの「ビジュアル監修アドバイザー」として非常勤役員も務める。

あわせて読みたい

ヘルスプレスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月27日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。