勝間和代さんの同性愛公表が好反響なワケ〜LGBTでカミングアウトがなくなる近未来

勝間和代さんの同性愛公表が好反響なワケ〜LGBTでカミングアウトがなくなる近未来
同性愛を公表した勝間和代さん(画像は公式HPより)

 著作累計発行部数500万部超といわれる売れっ子作家勝間和代さん。今回のカミングアウト報道を機に、に50冊を超える単著のタイトルを検証してみると、あらためて「本音」を「本気」で貫いてきた女性なんだなということがよくわかる。
 
 そもそも、初のソロ著作(「ムギ」名義)のタイトルが、『インディでいこう!――ナチュラル&インディペンデントな生き方実践ガイド』なのだから――。

 しかし、そんな『不幸な生き方』(以下、2重鉤括弧内は著作名)からの脱却を説く前向き作家にも、『まじめの罠』にハマった歳月があった。

 「私は高校、大学、社会人と定期的に女性が好きになったことがあるんですが、それはいけないと蓋をしていた」

 これは自身のブログ上で、「同性パートナー」との同棲事実と相手の実名&ツーショット写真を公開した5月28日に生出演したTOKYO MX『バラいろダンディ』で、勝間さんが明かした「規範意識」の呪縛告白だ。

日本では「13人に1人」が性的少数者

 16年5月実施のネット調査(LGBT総合研究所調べ)によれば、5.9%がLGBT当事者だった。彼(彼女)らにカミングアウト経験を問うと、LGBT以外の友人に打ち明けた比率が13.0%、家族が10.4%、職場関係が4.3%と想定内の最も低い結果を示した。

 《同性を好きになることはずっと悩んでいたことですし、また、お付き合いが始まってからも、人にそのことを言えないことを悩んでいましたが、その2つの事実を公開することで、私も楽になるし、周りにも同じような悩みの人のヒントになる可能性があると思ったからです》(勝間さんのブログ投稿から=原文ママ)

 一方、電通ダイバーシティ・ラボの2015年調査によれば、(LGBTを含む)性的少数者の該当率は7.6%。その「13人に1人」という数値は、左利きやAB型の人の割合に相当するそうだ。

 「『マジョリティが社会的に勝ち組で正しい』っていうことは絶対にないと、私は思っています!」

 これは、イベント史上最高の来場者数(約14万人)を記録した今年5月のTRP(東京レインボープライド)にライブ出演した際の、歌手・浜崎あゆみさんの印象的な発言だ。

 しかし、このコトバを逆説的に拝借するならば、今回のカミングアウト騒動は、「社会的に」明らかな「勝ち組」である勝間さんが「マイノリティ」であることを英断告白した点こそが「正しい」のだろう。

勝間告白が開ける「扉」

 それにしても、思わず「豪華キャスト」と呼びたくなるほど役者が揃ったものだとも思う。勝間さんの同性/同棲愛告白はさまざまな反応を呼んだが、その相手や(相手の)元カノも斯界では有名な2人。

 ある意味「出来過ぎたコミック的展開」の唐突報ゆえか、「普通に意外ではないと思う」「何故だろう不思議と驚かない自分がいる」という異口同音投稿も多かった。

 敢えて匿名表記でおさらいすればこうだ。中央大学大学院の客員教授でもある経済評論家(49)が、慶応義塾女子高等学校の後輩にして「多様性が尊重できる社会」の実現を掲げる会社経営者(40)との同棲を明らかにした。

 後者は昨年末、約6年半に渡る元宝塚女優(33)との関係を解消ばかり。直後の年明けに経済評論家が会社経営者に気持ちを告白したことから両者は同棲を始めた。元タカラジェンヌも「素敵なおふたりのあたらしい関係を祝福して、心から応援しています!」と投稿した......。

 勝間さんの新パートナーは、LGBTのアクティビスト(活動家)にしてコンサルタント、美人研修講師としても知られる増原裕子さん(40)。2015年11月15日、宝塚OGで元カノの東小雪さん(33)と渋谷区「パートナ―シップ証明書」第一号を受理したことでも大いに話題を集めた存在だ。

 その後「同性パートナーシップ」導入市町村の数も、東京・世田谷区、三重・伊賀市、兵庫・宝塚市、沖縄・那覇市、北海道・札幌市と拡がり、中野区・福岡市・大阪市・千葉市が導入を検討中。増原&東(元)カップルが及ぼした影響力は絶大だろう。

 「(増原さんと)2人でどこか出かけても、私とマネージャーだと思われる。『何の取材ですか?』って。(そういう)お互いの関係性が良くないと思って、どうして堂々と言えないのかなって......」

 これは勝間さんの告白前の胸中談だ。今回初公開された勝間&増原ツーショット写真には「(勝間さんは)思い切ったなぁ/しかも相手は美人ですね」的な素直な反応も多く投稿された。

 勝間さんには『目立つ力』『結局、女はキレイが勝ち』『やればできる まわりの人と夢をかなえあう4つの力』などの自著がある。そして勝間さんと交流がある/なしにかかわらず、翌日の反響報道には概ね著名人からの「祝福と称賛コメント」が並んだ。

 もっとも、ネット投稿に目を転じれば、前掲の勝間談に対して「(男同士はいざ知らず)女性同士の場合は違和感ないと思うが......」とか、アクティビストの増原さんを指して「(今度の相手も)有名人、そっとやれないのかな、毎回毎回騒ぎ立てる必要あるんですかね?」的な苦言が飛んでいるのも事実。

 もちろん、著名人のカミングアウト一つで日本のLGBT問題が一気に解決するわけはない。当サイトの過去記事が何度も汲んだきたように「同意なき曝露(アウティング)」の課題から、T(トランスジェンダー)のトイレ使用に関する男性陣の不寛容比率まで、LGBT関連の障壁は山積だ。

 それでも勝間さんの告白効果が「カミングアウトという言葉がなくなる」自然体の近未来へと、コマを一歩進めた意義は大いにあるだろう。
(文=編集部) 

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 勝間和代 増原裕子
  2. 勝間和代 料理
ヘルスプレスの記事をもっと見る 2018年6月2日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「勝間和代 + 増原裕子」のおすすめ記事

「勝間和代 + 増原裕子」のおすすめ記事をもっと見る

「勝間和代 + 料理」のおすすめ記事

「勝間和代 + 料理」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「デーブ・スペクター」のニュース

次に読みたい関連記事「デーブ・スペクター」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら