介護の現場が「施設」から「在宅」へ~医師は介護者目線に立った処方箋を

 2018年4月に診療報酬と介護報酬が同時改定された。それに先立ち、厚生労働省が開催した「医療と介護の連携に関する意見交換会では、以下のテーマが検討された。

●看取り
●訪問介護
●リハビリテーション
●関係者・関係機関の調整・連携

 医療機関とケアマネジャー、通所リハビリ事業所、薬局薬剤師などとの連携を進めて、早期退院・在宅復帰、介護予防(要介護状態の維持・改善)、患者の希望に応じた看取り、処方の適正化を、国は推し進めようとしているようだ。

 ジワジワと「施設から在宅へ」と、介護の場を移行していこうとしている。

 重度な要介護状態になっても、住み慣れた地域で自分らしく過ごしていけるように、医療や介護、生活支援などが一体的に提供される、「地域包括ケアシステム」ができるのは素晴らしいことだ。

 しかし、自宅などで介護を担う「ケアラー」には、どのように影響するのだろうか?

 訪問診療も行っている「なごみクリニック」(熊本県熊本市)院長の亀川寛大医師は、「1日に何回も薬を飲ませなければならないことが、介護をしている家族にとって大きな負担になっているケースも多い」と語る。

 ケアラーにも仕事や学業など、日々の暮らしがある。介護の負担で押しつぶされないようにするために、どのような配慮が必要なのだろうか。亀川医師に話を訊いた。

心身の健康を崩したり社会から孤立するケアラーが増加

 ケアラーとは、高齢者や障害者などの介護を無償で行っている人たちのことで、主にその家族である。

 内閣府の「平成28年版高齢社会白書」には「要介護者等からみた主な介護者の続柄をみると、6割以上が同居している人が主な介護者となっている」と書かれている。このことから、ケアラーの多くが同居して介護を行っていると考えられる。

 住み慣れた家、友達もいる地域で過ごしたいという医療や介護を受ける人の願い。そんな願いをかなえてあげたいという家族の思い。少子高齢化による財源不足で、医療や介護の場を自宅に移したいという国の思惑――。

 三者の希望が合致して「施設から在宅へ」という流れができているのだが、介護の負担に追われ、心身の健康バランスを崩したり、社会から孤立したりするケアラーが増えているようだ。

 「ヤングケアラー」「ワーキングケアラー」のように、学校で勉強しながら、または働きながら介護し、学業や仕事との両立が厳しい状況に追い込まれている人もいる。

 在宅介護の場合、おむつ交換やトイレ介助などの「排泄介助」、立つ・座る・歩行などの「移動介助」、食事を食べさせる「食事介助」をケアラーが行う。

 さらに、介護を受けている高齢者の多くは、認知症やがんなど、なんらかの病気を患っている。そのために、薬を飲ませる「服薬介助」も必要になる。

 医師の指示どおりに間違いなく薬を飲ませたり、薬を嫌がっている状態でどうやって飲ませるのかを考えたり、神経をとがらせているケアラーも多いのではないだろうか。

 果たして、薬を処方する側の医師は、ケアラーの負担に気づいているのだろうか?

服薬回数を減らす、時間を揃えるなどの配慮は、医師にしかできない

 亀川医師の印象では、ケアラーの手間をまったく無視した処方の指示が頻繁に出されている。

 「施設や自宅へ帰した後も、入院中と同様に、漫然と処方の指示を出す医師が多いですね。起床時、朝食前、朝食後、昼食前、昼食後、夕食前、夕食後、就寝前と、1日に何度も薬を飲むように指示を出しています。また、8時間ごと、12時間ごとなど、時間指定の場合もあります」

 外来でも似たような処方の指示が出されているようだ。「起床時や就寝前に薬を飲ませなくてはいけないから、そのために家族がわざわざ起きている。1日2回の食生活だったのに、内服の指示が3回だからと、わざわざ食事を3回作り、食べさせている......このような話を聞いたこともあります」と亀川医師は嘆く。

 服用回数が多かったり、服用するタイミングが異なっていたりすると「誤薬」のリスクは高くなる。誤薬とは、誤った種類や量、時間、方法で薬を飲むことだ。場合によっては症状を悪化させたり、重大な危機を及ぼしたりする。

 誤薬して責められるのはケアラーだ。「誤薬はあってはならないことです。しかし、その誤りが少なくなるよう、服薬回数を減らす、時間を揃えるなどの配慮は、私たち医師しかできません」と亀川医師は強調する。

 たとえば、胃薬やビタミン剤などを漫然と1日3回指示するのはやめて、ほかの薬と一緒に朝夕の2回にそろえる。他の薬剤に変更して、飲む回数を減らすことは可能なのだそうだ。

 亀川医師は「自分で薬が飲めない人は誰が飲ませているのか。また、自分で飲むことはできても回数が多いと面倒ではないのか。こうした気遣いが医師にも必要ではないでしょうか」と問題を投げかけている。

 「施設から在宅へ」という流れの中で、マニュアル的ではなく創意工夫に富んだ処方が医師に求められているのかもしれない。
(取材・文=森真希)

亀川寛大(かめかわ・かんだい)
なごみクリニック(熊本市)院長。1972年、鹿児島生まれ、熊本育ちの九州男児。97年、宮崎医科大学(現 宮崎大学)医学部を卒業後、熊本大学、宮崎大学付属病院で消化器外科を専攻、鹿児島市医師会病院を経て、2003年、医療法人悠隆会(宮崎県延岡市)に勤務。17年6月より現職。糖質制限指導、間欠的ファスティング指導を行うほか、熊本を中心に全国各地で糖質制限セミナーを実施している。
●WEBサイト:https://toshitsuseigen.biz/category/kamedoku/
●問合せはこちら e-mail:toukasonjyuku@gmail.com

当時の記事を読む

ヘルスプレスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月16日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。