全世代の女性にオススメ「膣トレ」の大切さ!特に更年期の女性は要注意

全世代の女性にオススメ「膣トレ」の大切さ!特に更年期の女性は要注意
「デリケートゾーン」の悩みを抱える女性は少なくない(depositphotos.com)
       

 夏は1年のうちで最も体のムレが気になる時期。特に女性にとって水面下での悩みといえば、「デリケートゾーン」のトラブルではないだろうか。

 ムレによる臭いや痒みなどの不快症状、また季節を問わず起こりうる、膣周りの痛み、頻尿や尿漏れなど、人に言えないトラブルも放っておけない。しかし、こと下半身の事となると「病院に行くまでもない」と足が遠のいてしまいがちだ。

 「自分の女性器について、意識しない人が多すぎます」――。そう指摘するのは、女性のためのクリニック「ジュノ・ヴェスタクリニック八田」(千葉県松戸市)の院長である産婦人科医の八田真理子氏だ。

 八田氏の元には、思春期から更年期まで、幅広い年齢層の女性が訪れるといい、3月に上梓した『産婦人科医が教えるオトナ女子に知ってほしい大切なからだの話』(アスコム刊)でも、年齢を問わずすべての女性に「膣トレ」の大切さを提唱している。「普段は何ともなくても、体調が悪くなるとトラブルが起こりやすいから侮れない」という膣について、八田氏に訊いた。

特に更年期は「膣」のターニングポイント

 思えば、膣には女性の年齢に伴いそれぞれ悩みが出てくる――。思春期は生理痛や不順などのトラブル、セックスや性感染症にはじまり、20代以降は妊娠や出産、おりもの異常。そして更年期以降は、乾燥や臭い、性交痛......と、きりがないが、それらのトラブルとは自らの膣と向き合うことから、改善の一歩が始まる。

 「いつも膣を意識しておくことは大切です。特に女性ホルモンの大きな変化が生じる更年期は、ターニングポイントとしてケアをしてほしい」

 八田氏のクリニックを訪れる40代後半から50代の多くの更年期女性たち。平均50.5歳で閉経を迎え、人によっては自律神経の失調症状などの更年期障害に悩まされている。そんな「更年期以降の女性の膣」には、「女性ホルモンの低下によるおりものの減少から膣内フローラが変化し、膣壁が薄くなることより、膣炎などトラブルが起こりやすくなる」という。

 「おりものには膣の中を守る菌がいますが、更年期を過ぎるとそのパワーが弱くなり、膣周りも痩せてきます。そのため、排尿時の尿が膣内に入ることによる悪臭、膣内への陰毛混入など、かゆみやおりものトラブルが起こりやすくなります。それに加えてさらに、頻尿や尿漏れなどの排尿障害の訴えも多いですね」

何歳からでも始められる「膣」のケア

 また、「セックスレス大国・日本」を裏付けるような、「夫とのセックスが痛く辛くて、その誘いを拒否してしまう」という悩みも。男性も女性も、加齢に伴うホルモンの低下により性欲が減退することはあるとしても、実は女性の性交痛が原因でセックスレスになるケースも少なくない。

 そして、「もう"女"ではない。もうセックスができない体なんだ......」と、檜舞台から降りる気持ちで人知れず落ち込む女性も。そうではなく、「誰でもこういう変化があることを知って、早くからケアしてしておくことが重要です」。

 ケアはいたってシンプルだ。

 「それはいくつになっても間に合います。80歳になっても、決して遅くはありません。まずは、石鹸で丁寧に優しく洗うこと。最近はデリケートゾーン専用ソープも発売されていますので、試してみる価値もあるかと。このとき、自分の『女性器をケア』することが大切。綺麗にメイクしてファッションセンスもバッチリなのに、膣には無頓着で、恥垢まみれ......なんて、『膣ブス』な女性に、診察室でたまに遭遇します」

 VIO脱毛など剃毛は「自分の好みでととのえましょう」とのこと。

 「ヘアには女性器を防御する役割もあるので、全剃毛を積極的に勧めることはしません。剃った後の痒みもトラブルにつながる場合もありますし。が、あまりにモッサモサだと、ヘアに雑菌が付いて臭いの元になることも。2~3センチ程度にカットしておくくらいがよいかもしれません」

 最も清潔感のある状態は「フリー、つまりノーパン。それは普段は難しいので、就寝時に下着をつけない、日中は通気性の良い服を心がける。ショーツをまめに替えるなど。オバサンなのに、若い頃のファッションそのままパツパツのスキニーデニムの様なものを履いている方を見かけますが、これも体調の変化によっては、かゆみや痛み、頻尿や尿漏れの誘因になりやすいようです。ガードルやボディスーツも同様です」とのことだ。

尿漏れパッドで「カンジダ」に

 ナプキンやおりものシートは、適切な替え時を守り、やはり通気性を意識すること。尿漏れがあると「年だから仕方ない」とパッドでやりすごす女性も多いが、できれば使わないで過ごせればそれに越したことはない。

 「尿漏れを改善する方法の一つに、骨盤底筋を鍛えるトレーニングがあります。『誰にも言えない悩みだし、まあいいかな』と諦めている人も実は多い。体調が悪いときにおりものシートや尿漏れパッドを長時間使用していたら、カンジダに......なんて悪循環を生むことも」

 八田氏のクリニックを訪れる女性には、カンジダ腟炎の患者が多いという。また最近では「セックスレスなのに、性行為感染症にかかった」女性もいるそうだ。

 「ある時立て続けに、性行為感染症であるトリコモナス膣炎の方が来院したことがありました。本人たちは『夫とは何年もしていないし、まさか私が』と。話を聞くと、共通点は『とても疲れていたときスーパー銭湯に行って、椅子や浴槽のふちに座った』とのこと。多くの人が集まるこのようなすべての場所が必ずしも悪いわけではありません。不運にも、たまたまいくつもの要因が重なって感染が起こったのでしょう。体力が低下しているときには注意して、濡れた場所に座る際はよくお湯で流すようにしましょう」

膣ケアのためのレーザー治療「モナリザタッチ」

 さて、そうしたケアのほか、八田氏のクリニックで「モナリザタッチ」という膣ケアのためのレーザー治療を受けた高齢女性が、驚きの変化を遂げたことがあった。

 「夫が亡くなり30年経ちますが、彼氏ができて、後押ししてくれたんです。『一生は一生だし、せっかくだから受けてみようかな』と......」

 モナリザタッチがきっかけとなり、どんどん前向きな気持ちになっていく彼女。お化粧のノリもよく、髪の毛にもツヤが出て若返っていく姿には、誰もが目を見張るばかり。

 「セックスは究極のアンチエイジング。『なぜ膣のケアするのか』の根本には、セックスの意義も心に留めておいてほしい」

 一方、子宮を摘出した女性の膣ケアは、どう考えるかべきか?

 「同じようにしてください。膣は変わりませんから。セックスもそれまで通り変わらずにできます。女性ホルモンの分泌量も、両側の卵巣を摘出しない限り変わりません」

 卵巣を摘出し女性ホルモンが減少した場合でも、適切なホルモン補充療法を受けることで対処はできる。女性はいつまでも「色つきのオンナ」でいて欲しい。「年だから仕方ない」と、諦めてはいけないと思う。

 「女性にとって膣ケアとは、身だしなみのひとつ。髪の毛やお顔を綺麗にするように、膣もケアして欲しい。というのが、産婦人科医の私の願いです」

 月経による「聖なる生」が生まれ育まれ、健康のバロメーターでもある膣。一生を共にする「自分自身」なのだ。見て見ぬ振りをするのではなく、向き合っていきたい。
(取材・文=有山千春)

八田真理子(はった・まりこ)
聖順会ジュノ・ヴェスタクリニック八田院長。日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医。日本マタニティフィットネス協会認定インストラクター。1990年、聖マリアンナ医科大学卒業。順天堂大学、千葉大学、松戸市立病院産婦人科勤務を経て、1998年、千葉県松戸市で女性のためのクリニック「ジュノ・ヴェスタクリニック八田」を開業。女性の幸せを願い、サポートするクリニックとして、思春期から更年期までの幅広い女性の診療を行っている。

あわせて読みたい

ヘルスプレスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年7月25日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。