植田圭輔、橋本祥平の胸アツの関係が舞台『文豪ストレイドッグス』をさらに面白くする!

植田圭輔、橋本祥平の胸アツの関係が舞台『文豪ストレイドッグス』をさらに面白くする!
写真左から、植田圭輔橋本祥平

架空の都市・ヨコハマを舞台に、文豪の名を懐く者と、その名になぞらえた異能力を持つ者たちの戦いを描く「文豪ストレイドッグス」。アニメ化や映画化などさまざまなメディアで人気を博す中で舞台『文豪ストレイドッグス』は、TVアニメ版を原作に実力派俳優陣が顔をそろえ、異能力バトルを斬新な演出で見事に再現している。

そして、TVアニメ第2シーズンで描かれた「ギルド編」を原作とした舞台第三弾『三社鼎立(さんしゃていりつ)』 が、6月8日(土)より上演される。今回は、主人公たちと敵対する組織・ポートマフィアに所属する中原中也役の植田圭輔、芥川龍之介役の橋本祥平にインタビュー。演じているキャラクターの魅力などを聞いた。

植田圭輔、橋本祥平の胸アツの関係が舞台『文豪ストレイドッグス』をさらに面白くする!

――お2人が演じているキャラクターの魅力をお聞かせください。

植田「中也はちょっとナルシストな見栄っ張りで、いつも太宰にからかわれているんです。そんな性格なので結果としてファンの方にはカワイイと思われがちなんですけど、本人はそんなこと微塵も思っていないし、僕から見てもすごく格好良いキャラクターです。格好良さと身長のバランスは合っていないですが、僕にとって中也との出会いはかなり運命的なもので『背が低くても格好良い男の時代が来たか!』と思いながら演じています」

植田圭輔、橋本祥平の胸アツの関係が舞台『文豪ストレイドッグス』をさらに面白くする!

橋本「芥川はすごく冷酷で殺しをためらわないキャラクターですけど、太宰さんというたった1人に認められたいがために頑張っている姿は、すごく共感できます。今回は芥川にとって一つの節目になるシーンがあるのですが、芥川はそのシーンのために今まで戦ってきたんですよね。そのシーンの後の反応が普段の芥川からは考えられなくて、そういうところはカワイイなって思います」


あわせて読みたい

気になるキーワード

Hominisの記事をもっと見る 2019年6月4日の芸能総合記事

次に読みたい関連記事「小越勇輝」のニュース

次に読みたい関連記事「小越勇輝」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中川晃教」のニュース

次に読みたい関連記事「中川晃教」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「杉江大志」のニュース

次に読みたい関連記事「杉江大志」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。