中村倫也が麻生久美子との共演を振り返る「最終的には共倒れになればいいや」

中村倫也が麻生久美子との共演を振り返る「最終的には共倒れになればいいや」
中村倫也

3月22日(金)から東京・下北沢の本多劇場で上演された舞台『M&Oplaysプロデュース「クラッシャー女中」』が、7月6日(土)に衛星劇場でTV初放送される。

同作は、作・演出の根本宗子と制作会社のM&Oplaysがタッグを組んだ本多劇場での公演第2弾。麻生久美子と中村倫也のW主演で、貪欲でやっかいな女・ゆみこ(麻生)を中心に繰り広げられる悲喜を描く。

ゆみこはあるたくらみを持って、義則(中村)の暮らす屋敷に女中として潜り込む。だが、"育ちのいいお坊ちゃん"という仮面の下に底知れぬ本性を隠し持っていた義則によって、ゆみこの計画はねじれ、思わぬ方向へ暴走し始める、というストーリー。

今回、"欲望まみれの絶対王子"義則を演じた中村にインタビューを行い、舞台の感想や根本作品の印象、共演者たちとのエピソードについて語ってもらった。

中村倫也が麻生久美子との共演を振り返る「最終的には共倒れになればいいや」
共演者とのエピソードなどを語ってくれた中村倫也

――3月22日の本多劇場での東京公演から始まり、名古屋、大阪、島根、広島と5都市を巡る公演でしたが、振り返ってみて現在の心境は?

「激闘でしたね。稽古も(日数が少ない)2月だったので、常に『あと何日で本番だ』って思いながらやっていましたし、公演が始まってからも全部で37ステージあったのですが、あっという間に過ぎていった感じでした」

――熱量の高い作品だったと思いますが?

「舞台に出てから(公演中に)一度楽屋に戻れるまで、出てはハケて着替えて、出てはハケて着替えての繰り返しで、すぐに1時間半くらいが過ぎていました。役柄的にも接する相手によって態度を変えるキャラクターだったというのもあり、1回1回の公演もあっという間でした。体力、精神力共に必要な作品でしたが、始まってしまえばジェットコースターみたいに転がっていくような芝居だったので、それに乗っかって...という感じでした」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 中村倫也 CM
  2. 中村倫也 カメレオン
中村倫也のプロフィールを見る
Hominisの記事をもっと見る 2019年6月19日の芸能総合記事

「中村倫也 + CM」のおすすめ記事

「中村倫也 + CM」のおすすめ記事をもっと見る

「中村倫也 + カメレオン」のおすすめ記事

「中村倫也 + カメレオン」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「間宮祥太朗」のニュース

次に読みたい関連記事「間宮祥太朗」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。