向井理が主演舞台を語る「『だまされた』という思いもありました(笑)」

向井理が主演舞台を語る「『だまされた』という思いもありました(笑)」
向井理

劇作・演出家の赤堀雅秋が、東京・渋谷の劇場、シアターコクーン30周年記念公演として書き下ろした舞台「美しく青く」が、9月22日(日)にTBSチャンネル2にてTV初放送される。震災から8年が経過し、今は猿害に悩まされる集落に暮らす、平凡な人々の生活を生々しく描く群像劇は、7月中旬から8月上旬にかけて東京と大阪で上演され、チケットは軒並みソールドアウトを記録。大好評のうちに幕を下ろした。

本作の主人公・保を演じるのは、以前から赤堀作品のファンで、その世界に染まることを切望していた俳優・向井理。7月某日、終演直後に舞台衣装のまま、インタビュー会場へ直行してくれた向井に、話を聞いた。

向井理が主演舞台を語る「『だまされた』という思いもありました(笑)」
舞台「美しく青く」への思いを語ってくれた向井理

――今回の舞台のオファーをいただいた際の率直なご感想をお聞かせください。

「初めてお話しをいただいた時『ぜひやりたい』と思いました。演出の赤堀雅秋さんが手掛けた作品は、ここ数年はほとんど観ていまして、僕の好きな作品が非常に多いんです。『大変だろうな』というのは感じていましたが、大変だからおもしろいんでしょうね。役者が気持ちよくお芝居しようとするところを見事に抑圧していて、そこからこぼれてくる感情が観客に伝わってくるというのが、すごくおもしろいなと感じていました。

僕にとって、舞台は修業だと思っているので、赤堀さんとのお仕事も、覚悟してやろうと思いました。シアターコクーンでのお芝居に出演することも意味があると思っています。こちらの劇場は歴史がありますし、クオリティの高い素敵な作品をたくさん上演してきた場所ということもあって、やはり『コクーンという劇場でいつか舞台に立ちたいな』というのはずっと思っていました。赤堀さんは今まで、シアターコクーンで3回、作・演出の舞台をのお芝居を上演していらっしゃいますが、今回はどういう感じになるのかなという思いもありました」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 向井理 ドラマ
  2. 向井理 国仲涼子
  3. 向井理 映画
向井理のプロフィールを見る
Hominisの記事をもっと見る 2019年8月22日の芸能総合記事

「向井理 + 田中圭」のおすすめ記事

「向井理 + 田中圭」のおすすめ記事をもっと見る

「向井理 + 国仲涼子」のおすすめ記事

「向井理 + 国仲涼子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「松田翔太」のニュース

次に読みたい関連記事「松田翔太」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。