日本フットサル界の熱源!鈴木隆二の大志

日本フットサル界の熱源!鈴木隆二の大志

「生き残る術をいつも必死で探しているのかもしれません」

U-20フットサル日本代表の監督を勤める鈴木隆二は自身のキャリアをそのように語る。10代で行った"代理人なし通訳なし"でのブラジル留学から始まり、選手としては晩年にあたる29歳でのスペイン移籍。そして、指導者となった現在も2018年より筑波大学院に入学と新しい知見への貪欲さは増すばかり。その背景には自身の、そして、日本フットサル界への危機感があった。

「現役当時、日本人で構成されるグループでブラジルやヨーロッパの国々に対抗できるイメージが全く浮かびませんでした。世界のトップと戦い、勝利を収めるためには何が必要なのか。スペインに移籍したのはそのヒントを得るためです。フットサルの歴史ではブラジルよりも後発にも関わらず世界最高峰と呼べるレベルまで辿り着いた国が、どのような価値観を持って、どのような取組みを行っているのか知りたかった」

そうした動機で移籍したスペインでは現地の指導者資格である「モニトール」も取得している。しかし、意外にも当時は指導者への興味は全くなかったという。

「モニトールの資格は、最初のオフシーズンに集中講義で取得しました。当初は指導者になりたいと考え資格を取りに行ったのではなく、単純に素晴らしい選手がたくさんいるということは、その選手を育てる優れた指導者がいるはず。そして、その指導者を養成するカリキュラムを知ることでスペインの強さの秘密や自身の成長につながると考えてのことでした」


あわせて読みたい

気になるキーワード

Hominisの記事をもっと見る 2018年9月19日のスポーツ総合記事

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュース

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バスケットボール」のニュース

次に読みたい関連記事「バスケットボール」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バドミントン」のニュース

次に読みたい関連記事「バドミントン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。