ひねり王子から体操キングへ! 白井健三が東京五輪へ向けて飛翔する

ひねり王子から体操キングへ! 白井健三が東京五輪へ向けて飛翔する

男女とも全種目を演技しての合計得点で争う、個人総合の体操ワールドカップシリーズ。日テレジータスで放送される東京大会の主役は、リオデジャネイロ五輪団体金メダルのメンバーで、世界選手権でも計5個の金メダルを獲得している白井健三だ。

■ひねりを加えた新技を次々に開発した"ひねり王子"

両親が元体操選手で体操クラブを経営し、兄2人も体操をやっていた"体操一家"に育った白井は、幼少時からマットや鉄棒に触れ、自然と天性のセンスが磨かれていった。2011年、中学3年で出場した全日本種目別選手権の床で2位に入り、スーパー中学生出現と注目を集めた。高校生になってからも順調に成長し、2013年の世界選手権で日本男子史上最年少の16歳で日本代表入りを果たす。大会でも大技を次々に成功させ、床で金メダルを獲得。床で披露した後方伸身宙返り4回ひねりは「シライ/グエン」、前方伸身宙返り3回ひねりは「シライ2」、跳馬で成功させた伸身ユルチェンコ3回ひねりは「シライ/キム・ヒフン」と、技の名前に自身の名を刻んだ。王者・内村航平が「ひねりすぎて気持ち悪い」と笑顔で絶賛するほどの、ひねり技を開発していった白井は"ひねり王子"と呼ばれるようになった。

■世界選手権の床と跳馬で金メダルを量産

2015年の世界選手権でも床で金メダルを獲得し、団体戦の優勝にも貢献。そして初出場したリオデジャネイロ五輪では、団体金メダルメンバーの一員となり、種目別の床では4位に終わったものの、跳馬では伸身ユルチェンコ3回半ひねり(のちにシライ2と命名)の大技を成功させ、銅メダルを獲得した。五輪後、床と跳馬のスペシャリストとしての地位を完全に確立した白井は、鉄棒、平行棒、あん馬、つり輪も強化。総合力をアップさせ、2017年の世界選手権では床、跳馬で金メダルに輝き、個人総合でも銅メダルを獲得し、左足の負傷で棄権した内村航平の穴を埋め、体操ニッポンの面目を保った。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 白井健三 CM
  2. 白井健三 五輪
Hominisの記事をもっと見る 2019年3月30日のスポーツ総合記事

「白井健三 + 五輪」のおすすめ記事

「白井健三 + 五輪」のおすすめ記事をもっと見る

「白井健三 + CM」のおすすめ記事

「白井健三 + CM」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「内村航平」のニュース

次に読みたい関連記事「内村航平」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。