ビートたけし、初体験のアフレコは「50点」!?

ビートたけし、初体験のアフレコは「50点」!?

ビートたけしが、人生で経験したことのない"はじめて"を体験するバラエティ番組「はじめてのたけし」。これまで、洋食屋のオヤジや、ゴルフのエイジシュート、人生相談、盗聴バスターなどさまざまな分野に挑戦してきた。そんなたけしが、今回5月17日(木)放送回で挑戦するのは「アニメと映画の声優」。BSスカパー!で毎週(金)放送中の野球経済アニメ「グラゼニ」に、本人役で登場する。

場面は、ヒロイン・ユキの働く食堂。客として訪れていたビートたけしが、酔っ払ってユキにあれこれと注文をしていく。主役の凡田夏之介を演じる落合福嗣らとアフレコ収録に挑んだ。

ビートたけし、初体験のアフレコは「50点」!?

収録を終えての感想
「役者でやってるときは動きがついているから、動きと同時にセリフを覚えてるときがあるんだけど。声優さんは映像を見て、言葉だけであわせてるから、体も少しは動かしてるんだけど、それはものすごく難しいね。役者は自分の演技を自分でしゃべるけど、声優は人の演技に声をあわせるんだからね。まして外国人なんていうのは、口の動きが違うし。でも映像見ると違和感ないから、すごいな。」

ビートたけし、初体験のアフレコは「50点」!?

今日の収録を自己採点するなら?
「う~んまあ、50点いきゃあいいとこだね。テンションをあげるのが難しい。浅草なんか行くと酔っ払いみるんだけど(笑)、徐々にあがっていくんだよね。だんだんペースを上げるんじゃなくて、テンションあがったところから、『もう一杯くれ~』なんて演技やるのは、なかなか難しいね。」

ビートたけし、初体験のアフレコは「50点」!?

そんなアフレコの苦労や裏側を見られる「はじめてのたけし #6」。今回は、「グラゼニ」音響監督を務める辻谷耕史氏、声優の坂本千夏もゲストで登場。真剣ながらも、玉袋筋太郎(浅草キッド)をはじめ出演メンバーたちの和気あいあいとした様子も楽しみにしてほしい。

文=ホミニス編集部

あわせて読みたい

気になるキーワード

Hominisの記事をもっと見る 2018年4月26日の芸能総合記事

次に読みたい関連記事「有吉弘行」のニュース

次に読みたい関連記事「有吉弘行」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ダウンタウン」のニュース

次に読みたい関連記事「ダウンタウン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュース

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。