けやき坂46の初舞台「あゆみ」は「ひらがなけやき」にとっての大きな一歩

けやき坂46の初舞台「あゆみ」は「ひらがなけやき」にとっての大きな一歩
チームカスタネット

アイドル界の中で独自の存在感を発揮し続ける欅坂46(通称:漢字欅)の後発グループ・けやき坂46(通称:ひらがなけやき)が、2018年4月から5月にかけて上演された舞台「あゆみ」で初めて演劇のステージを踏んだ。この作品が7月28日(土)、29日(日)にTBSチャンネル1で放送される。

ひとりの女性が多くの人々との出会いを通して成長し、人生を歩み続ける姿を描いた本作。2010年に「わが星」で「第54回岸田國士戯曲賞」を受賞した柴幸男が脚本、黒色綺譚カナリア派主催の赤澤ムックが潤色と演出を担当するなど、アイドルグループの初舞台としてはかなり本格的な作品だ。合計20人のけやき坂46のメンバーがチームハーモニカ、チームカスタネットの2チームに分かれ、Wキャストとして"10人1役"を演じるなど挑戦的な作品にもなった。

成長していく主人公を10人それぞれが、さまざまなタイミングで演じるということは、他の役を演じるメンバーも入れ替わるということになる。例えば、主人公の母親を演じていたメンバーが次に主人公を演じる間は、その母親役を別のメンバーが代わりに演じるという形だ。主人公の友人や恋人、ペットの犬などを10人が代わる代わる演じることで、登場人物、キャスト双方の魅力が多面的に見えてくるという仕掛けが面白い。

けやき坂46の初舞台「あゆみ」は「ひらがなけやき」にとっての大きな一歩
チームカスタネット

チームハーモニカの中心となったのは渡邉美穂。2017年にはけやき坂46の初主演ドラマ「Re:Mind」が放送されたが、1期生主演のドラマの中で唯一、2期生として役を獲得したのがこの渡邉だった。18歳ながら堂々とした存在感を放ち、年上や先輩メンバーが多いチームを見事にけん引した。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

Hominisの記事をもっと見る 2018年7月26日の芸能総合記事

次に読みたい関連記事「乃木坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「乃木坂46」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ももいろクローバー」のニュース

次に読みたい関連記事「ももいろクローバー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。