これで本当に最後、ベイビーレイズJAPANのラストライブに全虎が啼いた!

これで本当に最後、ベイビーレイズJAPANのラストライブに全虎が啼いた!

2018年9月24日、6年に渡り活動を続けてきたアイドルグループ・ベイビーレイズJAPAN(以下、ベビレ)のラストライブ「ベイビーレイズJAPAN LAST LIVE ~全虎が啼いた!伝説の最高舞(クライマックス)~」が開催された。「虎ガー(ベビレファンの呼び名)に最高の景色を見せたい」との思いから、ライブは富士山を臨む山中湖交流プラザ・きららで行われ、美しく華々しい最後を飾った。

デビュー直後から体当たりで活動してきたベビレ

ベビレが結成されたのは2012年9月。メンバーはセンターを務める林愛夏と、大矢梨華子、傳谷英里香、高見奈央、渡邊璃生の5名で、「2年以内に日本武道館でワンマンライブを開催できなければ解散」という公約を掲げ"ベイビーレイズ"として活動を開始した。

デビュー直後から、「AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会」が行われている日本武道館前で自分たちのグループのロゴが入ったティッシュを配ったり、プロモーションのために新聞社や出版社を直撃して売り込んだりと、体当たりの活動を展開。デビュー翌年にはNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の挿入歌に「暦の上ではディセンバー」が使われるなどの話題もあった。

そして数々の努力が実り、2014年12月に念願の日本武道館ライブ開催が決定する。

しかし開催はしたものの、観客動員数は約5500人にとどまり、武道館を満員にすることは叶わず。これを受けて2年間活動してきたグループ名"ベイビーレイズ"から"ベイビーレイズJAPAN"に改名し、気持ちを新たに再出発した。その後も満員での日本武道館公演や、紅白歌合戦出場を目標に、2016年にはパリで開催された「第17回ジャパン・エキスポ」に出場するなど精力的な活動が続いたが、今年7月25日、「全員で同じ方向を向いて活動することが出来ない」として、解散を発表した。


あわせて読みたい

Hominisの記事をもっと見る 2018年10月28日の芸能総合記事

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。