45周年を迎えたさだまさしが語る「僕のコンサートは"お手渡し"の歌」

45周年を迎えたさだまさしが語る「僕のコンサートは"お手渡し"の歌」

2018年夏にリリースした最新アルバムを引っさげ、全国ツアー「さだまさしデビュー45周年記念コンサート『Reborn ~生まれたてのさだまさし~』」を敢行したさだまさし。その中から、11月21日・東京国際フォーラムでの公演が、BSスカパー!で2019年1月12日(土)に放送される。

最新アルバム『Reborn ~生まれたてのさだまさし~』では、ナオト・インティライミとコラボレーションした「パスワード シンドローム」や、池田貴史(レキシ)がプロデュースした「黄金律」も収録されていますね。

「日々生き直していこうという思いから、『Reborn』(生まれ直す)というアルバム・タイトルを思いつきました。それもあって、今回のアルバムでは、僕自身の知らないところを引っ張り出してくれる人と一緒にやりたいと思ったんですよ。ナオトや池田くんと一緒に曲を作り、これまでとは違う血が僕に入ってきたような感じがしました。」

コンサートは「パスワード シンドローム」から始まりますが、なぜこの曲を最初に持ってきたのでしょうか?

「他の曲と違いすぎて、ここしか置く場所がなかったんです(笑)。いきなり『パスワード シンドローム』のエレクトロニックサウンドから始まるので、誰のコンサートかわからない(笑)。でも、オープニングで『こういうのやるんだ』と思わせておいて、すぐに引き戻します。その後さらに昔の曲をやると、もう完全に、さだまさしのコンサートになりますね。」


あわせて読みたい

Hominisの記事をもっと見る 2018年12月19日の芸能総合記事

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。