宮脇咲良も涙!IZ*ONE、厳しすぎるデビューコンサートまでの道のり

宮脇咲良も涙!IZ*ONE、厳しすぎるデビューコンサートまでの道のり

2018年10月29日、韓国・オリンピックホールでデビューコンサート「IZ*ONE 'COLOR*IZ' SHOW CON」を開催したIZ*ONE。韓国のオーディション番組「PRODUCE 48」から誕生した日韓合同アイドルである彼女たちは、オーディションに参加した96名の中から、国民プロデューサーと呼ばれる視聴者の投票で決定した"選ばれし12人"。厳しすぎるデビューまでの道のりを振り返ると、初コンサートの大歓声の中で見せた彼女たちの晴れやかな笑顔が、また違って見えてくる。

宮脇咲良も涙!IZ*ONE、厳しすぎるデビューコンサートまでの道のり
「IZ*ONE 'COLOR*IZ' SHOW CON」の模様

(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

韓国の事務所から選抜された練習生57名に加え、「PRODUCE 48」には、AKBグループの現役アイドル39名がオーディションに参加したが、そのうちIZ*ONEとしてデビューを果たした日本人メンバーは3人。AKBグループの10回目(2018年)の選抜総選挙で3位だった宮脇咲良、HKT48でセンターの経験もある矢吹奈子、日本ではほぼ無名に近い存在だった本田仁美。今まで本格的な歌やダンスのレッスンをほとんど受けたことのない日本人練習生にとって、今回のオーディションは過酷なものとなった。

最初の関門となったのが、参加者の基本的に実力を測るA~Fまでのレベル評価で、日本人メンバーでAランクになったのは、宮脇と竹内美宥(AKB48)のみ。特に、最初から"エース"として注目を集め、多少の変動はしながらもデビュー圏内を常にキープし続けていた宮脇も、K-POP界の敏腕トレーナーたちから容赦のないダメ出しを浴びたひとり。5~6人ごとに分かれ、課題曲を披露するグループ評価のリハーサルで、トレーナーから「なぜ咲良がセンターなの? 発音は悪いし、ダンスも変」と酷評され、涙を堪えきれなくなる場面も。しかしその後も寝る時間を惜しんで練習を重ね、最終的には得票数2位でデビューを決めた。

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 宮脇咲良 活動休止
  2. 宮脇咲良 総選挙
Hominisの記事をもっと見る 2019年1月12日の芸能総合記事

「宮脇咲良 + 活動休止」のおすすめ記事

「宮脇咲良 + 活動休止」のおすすめ記事をもっと見る

「宮脇咲良 + 総選挙」のおすすめ記事

「宮脇咲良 + 総選挙」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「村重杏奈」のニュース

次に読みたい関連記事「村重杏奈」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。