大塚明夫が演じたきっかけは偶然「ブラック・ジャックが来てくれた」

大塚明夫が演じたきっかけは偶然「ブラック・ジャックが来てくれた」

日本漫画界の巨匠・手塚治虫(※「塚」は正しくは旧字)の代表作の1つ「ブラック・ジャック」。"医療と生命"をテーマに、無免許の天才外科医とその患者たちが織り成す物語を描く医療ドラマは、「あしたのジョー」などを手掛けた出崎統(※「崎」は正しくは「立さき」)監督によるOVAや劇場版アニメが制作された後、2004年に手塚治虫の長男・手塚眞監督によってTVアニメ化された。

今回、長年にわたって主人公ブラック・ジャックを演じてきた声優・大塚明夫が、TVシリーズ全63話の中から厳選した名エピソード5話をセレクト放送する「大塚明夫が選ぶ!『ブラック・ジャック』ベストエピソード5選」が、7月14日(日)にファミリー劇場で放送される。この特別企画のオンエアに先立ち、大塚にインタビューを敢行した。

――今回の企画を初めて聞いた際の感想をお聞かせください。

「全話観返さないといけないかなって思ったんですけど、意外とあらすじを読んだだけで『ああ、そうだった』って思い出すことができました。全部観なくても大丈夫で、助かりましたね(笑)。今回選んだ5つのエピソードは、印象に残っているということですね」

大塚明夫が演じたきっかけは偶然「ブラック・ジャックが来てくれた」

――ブラック・ジャックを演じるきっかけは、どういったものだったのでしょうか?

「偶然ですね。もともと違う方が演じられることが決まっていたんですけど、収録前にその方の具合が悪くなったんです。アフレコ初回は2本収録する予定で、そのどちらかに僕がキャスティングされていたんですけど、音監督が『明夫ちゃん、できるんじゃないか』って。だから偶然、ブラック・ジャックが僕のところに来てくれたんですよね」


あわせて読みたい

気になるキーワード

Hominisの記事をもっと見る 2019年6月17日の芸能総合記事

次に読みたい関連記事「武田真治」のニュース

次に読みたい関連記事「武田真治」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中村麻里子」のニュース

次に読みたい関連記事「中村麻里子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「野口五郎」のニュース

次に読みたい関連記事「野口五郎」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。