新型コロナウィルスで税務調査中の案件はどうなる?確定申告延長の影響は?

周知の通り、新型コロナウィルスの問題で、確定申告期限が令和2年3月16日からひと月延長されています。人が密集する確定申告会場においては、感染のリスクがあることからやむを得ない措置と考えられますが、これに関連して今後の税務調査がどうなるか、疑問があります。

新型コロナウィルスで税務調査中の案件はどうなる?確定申告延長の影響は?

■延期等の取扱い

この点、税務通信という税務の専門雑誌によると、以下の指摘がありました。

1 延長された期間内は新規の調査に着手しない

確定申告期限が延長された4月16日までは、所得税や資産税、そして税理士が関与する法人税の税務調査に着手しないということです。確定申告期限においては、国税職員や税理士が忙しいため、従来から原則として税務調査を差し控えていました。このため、これと同様の取扱いとなっています。

2 継続中の案件は要相談

税務調査が現状も継続している案件については、納税者と相談しながら、負担にならないよう慎重に進めていくようです。近年の税務調査は長引くことが多く、国税職員や税理士が動けない確定申告期限を迎えても税務調査が終わらない、といった困った事態が多く生じています。このような仕掛中の調査は終える必要がありますので、慎重に進めていくという話のようです。

■延長が中止になることも多い気が

とはいえ、この時期に延期し、かつ新型コロナウィルスの終息が見込めない現状においては、延期とは言え6月より先にしか調査ができないと見込めます。税務署の年度は6月までですから、となると税務署の新年度での調査ということになり、結果として新しい担当者が調査をするかどうかを判断することになります。いわゆる、仕切り直しという形になりますので、結果として延期ということではなく、中止になることも多いように思います。

あわせて読みたい

相談LINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月19日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。