【持続化給付金】雑所得を事業所得として再申告すれば認められるって本当?

持続化給付金の支給を受けるためには、副業などの雑所得は対象にならず、かつ2019年度の確定申告書の控えが必要とされています。このため、雑所得を事業所得として再申告すれば申請が認められる、という全国紙の記事があることを前回の記事で紹介しました。


【持続化給付金】雑所得を事業所得として再申告すれば認められるって本当?

■そもそも再申告は原則認められていない

しかし、少し専門的な話をしますが、税法的にはそもそも再申告は原則として認められないとされています。申告で税額が確定しますので、いったん申告したものを任意に変えるとなると、納税の手続きなどが混乱してしまうからです。このため、申告した税額が少ないため追加で納付する場合の申告(修正申告)や申告した税額が多すぎるため還付を請求する手続き(更正の請求)を除き、自分がした申告を変えることは原則としてできません。


このため、雑所得でした申告を事業所得に変えた結果、税額が動くのであれば再申告のようなものは可能ですが、税額が変わらなければ再申告はできないとされる可能性が非常に大きいのです。

■事業概況説明書の取扱い

その他、申告以外にも、税務署に再提出するべきと噂される資料がありますので紹介します。事業概況説明書と言われる書類です。

事業概況説明書は法人が税務署に申告書とともに提出しなければならないとされている資料であり、法人の事業の概況を書くように指導されています。その記載事項の一つに、法人の各月の売上高などがあります。

持続化給付金の要件として、「ひと月の事業収入が前年同月比で50%以上減少していること」がありますから、その要件を満たしているかを確認するため、この事業概況説明書の控えについても、税務署の収受印が付されたものを、経済産業省に提出するよう求められています。

あわせて読みたい

相談LINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月21日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。