老人ホームで亡くなった場合の入居一時金、各種控除、小規模宅地の特例の取扱い

老人ホームで亡くなった場合の入居一時金、各種控除、小規模宅地の特例の取扱い
拡大する(全1枚)
老人ホームで療養していた被相続人が死亡した場合、相続税の計算上、失念してはいけない取扱いがいくつかあります。一つは、老人ホームの入居一時金です。被相続人の死亡により入居一時金が返還される場合、その返還金も相続財産になりますので、申告が必要になります。

老人ホームで亡くなった場合の入居一時金、各種控除、小規模宅地...の画像はこちら >>

■医療費控除と債務控除

次に、老人ホームの利用料についてです。被相続人が支払うべき老人ホームの利用料のうち、相続が開始した時点で未払金があれば、それは債務控除の対象になります。債務控除は被相続人の借金を財産から控除する制度ですので、処理を忘れないように注意する必要があります。

とりわけ、ここで問題になるのはその老人ホームの利用料が医療費控除の対象になる場合です。介護老人保健施設の施設サービス利用料など、一定の利用料については、支払った医療費を所得税の所得控除とできる医療費控除の対象になります。

この医療費控除は、それを支払った方(医療の対象になる本人か、本人の生計一親族)の所得控除となります。このため、老人ホームの利用料が医療費控除の対象になる場合、被相続人が死亡する前に、被相続人が支払った利用料は被相続人が準確定申告(死亡日までの実績で行う被相続人の所得税申告)で医療費控除をすることができます。

一方で、死亡後にその利用料を、生計を一にする相続人が支払った場合、その利用料はその相続人の医療費控除の対象になります。死亡後に支払うということは、死亡時点では未払ということですから、この利用料は債務控除の対象にもなります。すなわち、相続税も相続人の所得税も減額させる効果がある訳で、失念せずに適用する必要があります。

当時の記事を読む

相談LINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク