還付されやすい消費税ですが、申告するだけで税務調査のリスクは倍増!

還付されやすい消費税ですが、申告するだけで税務調査のリスクは倍増!
拡大する(全1枚)
法人税と異なる消費税の特色として、還付申告になりやすいというポイントがあります。消費税は、設備投資を行ったり、はたまた消費税が優遇されると言われる輸出取引を行ったりする場合、往々にして還付申告となります。このような場合、支払った消費税が売上に対する消費税よりも大きくなることがあるため、その売上に対する消費税を超える部分の消費税が還付されることになります。

還付されやすい消費税ですが、申告するだけで税務調査のリスクは...の画像はこちら >>

■還付申告を悪用する者と国税の対応

この、還付申告になりやすいという消費税の特色を逆手にとり、ありもしない輸出取引を不正に擬制して還付申告する、といった事態が問題になったことがあります。
このような不正の還付を防止するため、還付申告を行う場合には特別な明細書の添付が義務付けられるとともに、税務署においては、還付金を支払う前に、原則として消費税の還付申告については全件チェックを入れます。

■具体的なチェックと税務調査への移行

具体的にどのようなチェックをかけるかと言えば、還付申告を行った納税者に連絡をとり、還付の原因となった事由の裏付資料の提出を求めて検討する、という書面上のチェックが中心です。

仮に、「建物を建てたため、消費税を過大に支払った」という理由で還付申告となったのであれば、建物を実際に建てているかをチェックする必要がありますので、その裏付けとなる業者との契約書や登記簿謄本の提出が求められます。加えて、不正を防止するという観点からは、実際にお金が動いているかも確認しなければなりませんので、振込依頼書や領収書など、いわゆる決済資料の提出も求められることがあります。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

相談LINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「消費税」に関する記事

「消費税」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「消費税」の記事

次に読みたい「消費税」の記事をもっと見る

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク