交通事故で加害者も被害者も亡くなったら、損害賠償や慰謝料は誰が請求して誰が払うの?!

交通事故において加害者の法的責任には「刑事責任・民事責任・行政上の責任」があります。この内、民事責任とは被害者が受けた経済的損害と精神的損害(慰謝料)の賠償を支払う責任を指します。
しかし死亡事故だった場合、被害者は亡くなっているため、当然のことながら本人が請求することはできません。この場合、誰が加害者に損害賠償・慰謝料を請求をするのでしょうか。また加害者が亡くなっていたら、この損害賠償・慰謝料は誰が払うのでしょうか。この問題について、交通事故に詳しい井上義之弁護士に聞いてみました。

交通事故で加害者も被害者も亡くなったら、損害賠償や慰謝料は誰が請求して誰が払うの?!

■相続は遺産だけが対象じゃない!「慰謝料や損害賠償を請求する権利」も相続の対象!

まずは被害者が亡くなっていた場合、損害賠償と慰謝料を、加害者に対して、誰が請求する権利を持つのでしょうか。(被害者と加害者の相続人は共に両親であるという前提で聞いています)

『両親は、原則として、被害者の財産的損害(積極的損害と逸失利益)の賠償請求権を相続しますので、損害賠償を請求する権利があります。なお、被害者死亡の場合の損害賠償請求権の相続を否定する学説もあるのですが、この学説も、両親固有の損害(得られたであろう扶養利益)の損害賠償請求権は認めています』(井上義之弁護士)

『財産的損害同様、両親は、原則として、被害者の慰謝料請求権を相続しますので、慰謝料を請求する権利があります。慰謝料についても学説上相続を否定する見解があるのですが、最高裁は、慰謝料請求権を放棄したと解しうる特別の事情がない限り、相続人は当然に慰謝料請求権を相続する旨判断しています。また、民法711条は、被害者死亡の場合について一定の近親者に固有の慰謝料請求権を定めており、両親は同条に基づいて慰謝料を請求することもできるでしょう』(井上義之弁護士)

あわせて読みたい

相談LINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月10日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。