増え続ける児童虐待を防止するために新設された「親権停止制度」を弁護士が解説!

育児は親の権利です。そして義務でもあります。民法ではこれを「親権」として規定しています。しかしその親権を濫用する「児童虐待」が増え続けています。厚生労働省が発表した資料によると、全国の児童相談所に報告される児童虐待の件数が、毎年増え続けており、平成25年度は73765件と過去最高を記録しました。
虐待をする親の中には、親としての立場を主張し、「しつけ」や「教育の一環」などと言って、その事実を認めないことも報告されています。今回はこの児童虐待について中島宏樹弁護士に話を聞いてみました。

増え続ける児童虐待を防止するために新設された「親権停止制度」を弁護士が解説!

■虐待とは「身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、心理的虐待」の4つ

虐待を、しつけと言い張り、その事実を認めない親もいるようですが、そもそも虐待とはどのように定義されているのでしょうか。

「児童虐待とは、親またはその他の養育者の作為または不作為によって、児童に実際に危害が加えられたり、危害の危険にさらされたり、危害の脅威にさらされることを指し、具体的には、身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、心理的虐待などがあげられます」(中島宏樹弁護士)

具体的な虐待の種類をあげてもらいました。ちなみにネグレクトには育児の放棄や怠慢などが含まれます。またその他に経済的虐待・金銭的虐待と呼ばれるものもあります。

■民法上も、刑法上も虐待は非常に重い罪が課せられる

それでは虐待が事実として認定された場合、どんな罪になるのでしょうか。

「刑法上は、児童に暴力を振るった場合には、暴行罪・傷害罪、性的ないたずらを行った場合には、強制わいせつ罪、育児放棄した場合には、保護責任者遺棄罪、などに該当することになります」(中島宏樹弁護士)

あわせて読みたい

相談LINEの記事をもっと見る 2015年5月2日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。