弁護士としての実力が試される「減刑や不起訴獲得」 これって具体的に何をするの?

量刑の決定に当たって「署名の有効性」や「傍聴人を増やしたり、マスコミに取り上げてもらうこと」の二つが、どれくらい効果があるのかを以前のコラムでは取り上げたが、そこでの要点は以下の4つである。
(1)量刑は、事件に関する一切の事情を考慮して裁判官が決定
(2)しかし考慮される事情とそうでない事情があり、犯罪に直接関わりがあるかどうかが重要
(3)署名活動は、犯罪に直接関わりがある事情ではないが、それなりの効果は期待できる
(4)マスコミに取り上げてもらい、注目度を上げても、犯罪に直接関わりがないため減刑は期待できない。
そこで今回は弁護人が、実際に減刑を求めるにあたって具体的にどんな活動を行うのか、前回同様、星野宏明弁護士に伺った。

弁護士としての実力が試される「減刑や不起訴獲得」  これって具体的に何をするの?

■弁護人が減刑の為に行う活動とは?!

まずは減刑のための弁護活動とはなんだろうか。

「弁護側が減刑のために行う主な弁護活動としては、示談交渉と示談書の提出、被害弁償の交渉と被害弁償の証拠提出、減刑嘆願書提出、身元引受書提出、情状証人の出廷、反省文・謝罪文の提出などがあります」(星野宏明弁護士)

様々な活動があるようだ。では、この中で効果として期待できるものはなんだろうか。

「このうち、被害者がいる事件では、やはり示談交渉と示談書の提出、被害弁償の交渉と被害弁償の証拠提出が一番効果が大きいです。示談成立により、そもそも不起訴とされることも多いでしょう」(星野宏明弁護士)

不起訴、これは依頼者としては勿論、弁護人にとっても、最も望まれている結果であろう。

あわせて読みたい

相談LINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年6月12日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。