妊婦が交通事故に遭い流産!二度と子供が産めない体になったら加害者はどんな法的責任を負う?

妊婦が交通事故に遭い流産!二度と子供が産めない体になったら加害者はどんな法的責任を負う?
拡大する(全1枚)
モーニング(講談社)にて大好評連載中の「コウノドリ」が、10月からTBS系にてTVドラマ化されることが決定した。
「コウノドリ」は、産婦人科医の奮闘を通じて、リアルな医療現場が描かれており、累計部数100万部を超えるヒット作となっている。
本コラムでも、妊婦が交通事故に遭った場合の、加害者の法的責任についていくつか触れてきたが、そもそも妊婦が交通事故に遭うと、その時期によって胎児への影響は異なると言われている。
「コウノドリ」の作中でも頻繁に取り上げられる切迫早産は、妊娠初期での交通事故ならば、可能性は高くないと言われている。しかし中期以降となると、その可能性は格段に上がる。
もしも交通事故に遭ったら、自分の身体以上に、お腹の中の子供が気になるだろうが、それと同時に加害者に対しても様々な思いが出てきて当然だろう。
さて今回は交通事故が原因で、二度と子供が産めない体になってしまった場合の加害者の法的責任ついて井上義之弁護士に伺った。

妊婦が交通事故に遭い流産!二度と子供が産めない体になったら加...の画像はこちら >>

■刑事責任は自動車運転過失致傷罪!

加害者が負うべき法的責任は、主に「民事」と「刑事」に分類される。ではまず刑事からどんな罪になるのか伺った。

「加害者が過失により交通事故を起こした場合、女性を被害者とする自動車運転過失致傷罪(自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律第5条)が成立すると考えられます。自動車運転過失致死傷罪にいう「人」には母体から一部露出する前の胎児は含まれませんので、胎児を被害者とした自動車運転過失致死罪は成立しません」(井上義之弁護士)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

相談LINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク