【共有物分割】相続する土地が複数の相続人で共有となる場合の課税関係とは

一つの土地などについて、二人以上の者がそれぞれ持分を持つことを共有と言いますが、共有はその土地全部について、共有している者が持分に応じた権利を保有していることとされています。共有が生じる原因の一つに、相続があります。被相続人である親が相続財産として一つの土地を持っている場合、その土地は相続人である子の共有になることが多くあります。

【共有物分割】相続する土地が複数の相続人で共有となる場合の課税関係とは

■共有の問題点

共有の問題点として、共有している土地などの財産(共有物)について、利用が制限されるということがあります。例えば、その土地を売ろうとする場合、共有者全員の同意を得る必要があるとされています。持分に応じた権利を持っているとはいえ、その権利は共有物全部に及ぶとされているからです。

このため、共有物については、共有を解消したいというニーズがあり、この解消を共有物分割と言います。例えば、ある土地について二人が1/2の持分で共有していた場合、持分に応じて共有物分割を行えば、その土地を1/2ずつ2つに分割して、二人それぞれがその2つの土地を100%保有することになります。


■課税関係の原則

共有物分割が行われた場合、税務上はその分割が(1)一の共有物について(2)持分に応じた(3)現物の分割であれば、課税されないことになっています。簡単に言えば、持分に応じて一筆の土地を分割すれば、原則として課税されることはありません。

ただし、ここでいう持分に応じた分割というのは、所有している共有物の持分割合ではなく、共有物分割を行った後の価格比で判断します。例えば、3億円の土地を1/2ずつ保有していた二人が、1/2ずつ分割した結果、一方の土地が2億円、もう一方の土地が1億円と評価されれば、1/2ずつではなく2/3と1/3で分割したと判断されます。

あわせて読みたい

相談LINEの記事をもっと見る 2018年4月10日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら