国税OB税理士にしかわからない鉄板ギャグ

私が以前勤めていた税理士法人のOB税理士が言っていたことですが、現職時代、税務署の会計業務を担当していた際、裏金を作っていたということでした。具体的には、税務署の福利厚生を目的として、税務署の上級機関である国税局から観劇などの金券が交付されますが、その金券を職員に交付することなく金券ショップで現金に代えて、税務署の裏金としていたようです。
困ったことに、退官してからいろいろな国税OB税理士と話す際、このような裏金話がよく話題になります。このため、国税としては明るみに出さないだけで現在もかなり裏金を作っていると思われます。
私が聞いた話ですが、税務署の予算の都合上、国税局から割り当てられる予算では足りないことが多くあり、会計担当が自腹を切らされることもあるようですから、裏金を作ることは必要悪という理解をしていると考えられます。

国税OB税理士にしかわからない鉄板ギャグ

■国税OB税理士の正義感

国税OB税理士は、この裏金話を笑い話としてすることがほとんどです。というのも、会社の申告漏れによる裏金づくりを暴いて脱税を防止する、といった職責で国税職員は働いているはずですが、その真逆のことを実際はやっているという点で、確実に笑いをとれるウケる話だからです。

言うまでもありませんが、そこに全く正義感はありません。国税OB税理士は元をたどれば国税職員ですから、国税職員にも正義感がないことの証左と言えます。

もちろん、企業が必要悪として裏金を作るために脱税したとしても、国税は絶対にその企業を許さず、場合によっては告訴もするわけで、大変な矛盾がここにあります。

あわせて読みたい

相談LINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年5月22日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。