国税から狙われている不動産転売時の消費税 国税は見解をどう変えたか

近年、収益不動産を購入して投資家に転売する不動産販売業者の消費税について、国税の課税処分が相次いでいます。この背景には、居住用賃料が発生する収益不動産に関する仕入税額控除の区分について、国税が見解を変えたことがあります。

国税から狙われている不動産転売時の消費税 国税は見解をどう変えたか

■仕入税額控除の意義と問題点

仕入税額控除とは、消費税の申告において、事業者が取引先に支払った消費税について経費とする処理を言います。消費税の計算においては、原則として、売上が3000万円(消費税は240万円)、仕入が2500万円(消費税は200万円)の場合、差額の40万円が納付する消費税となります。この経費に当たる消費税の控除が仕入税額控除なのです。

仕入税額控除については、必ずしも常に支払った消費税の全額を経費とできる訳ではなく、以下のいずれの場合には控除できる消費税の制限が必要になります。

1 課税売上割合(全売上に対する消費税が課税される売上の割合)が95%未満である場合
2 消費税が課税される売上が年5億円を超える場合

上記のような不動産販売業者については、売上が5億円を超えることも多いですし、それ以上に消費税が課税されない土地の売上が大部分を占めるため、この制限が発動することが多くあります。

■問題となる制限の内容

ここで問題になる制限ですが、原則として、消費税が課税されない売上に対応するものはその全額、消費税が課税される売上と消費税が課税されない売上のいずれにも対応するものは一定割合を乗じた金額について、仕入税額控除の対象にならないというものです。ここで問題になるのは、上記の販売業者が購入して投資家に転売する収益不動産は、中古の居住用マンションが多いということです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 消費税 経過措置
  2. 消費税 軽減税率
相談LINEの記事をもっと見る 2018年8月23日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「消費税 + 軽減税率」のおすすめ記事

「消費税 + 軽減税率」のおすすめ記事をもっと見る

「消費税 + 経過措置」のおすすめ記事

「消費税 + 経過措置」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら