「リベートを雑収入で処理」は消費税の観点から法律上100%正しいとは言えない

現金で取引先から売上割り戻しなどのリベートを受け取ることも多くあります。このリベートについては、支払う側では原則として経費になり、受け取る側では原則として収益の額になります。このため、リベートを受け取る場合、会社の経理としては雑収入として処理することがほとんどです。
この処理は誤りではありませんが、消費税の観点から言えば、法律的に100%正しい処理という訳でもありません。というのも、このリベートは、原則として仕入れに係る対価の返還等という取扱いになるからです。

「リベートを雑収入で処理」は消費税の観点から法律上100%正しいとは言えない

■仕入れに係る対価の返還等の意義

仕入れに係る対価の返還等とは、消費税の経費に当たる課税仕入れについて、値引きや返品、そして割戻しを受けたことによって、その課税仕入れの金額の減額を受けることをいいます。仕入れに係る対価の返還等については、経費の金額の減額ですから、商品の仕入れや材料費など、経費の金額から差し引いて消費税を計算することになります。

雑収入に計上するということは、収益の額として認識するということですが、経費から差し引くのが正確ですので、本来は経費の金額を調整する必要になります。もちろん、経費のマイナスはその分利益が大きくなることを意味しますので、雑収入に計上したとしても結果は変わりません。

■簡易課税を使っていると判断に迷う

ところで、このような処理が問題になる取扱いに、消費税の簡易課税と事業者免税点があります。簡易課税とは、消費税がかかる収入だけを集計して、その売上について一定割合の控除を認めるという概算計算の制度です。商品仕入れなどに対するリベートを受ける場合、そのリベートには消費税がかかりますので、簡易課税の計算上も消費税がかかる収入としてカウントしなければならないと考える方が多くいます。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 消費税 経過措置
  2. 消費税 軽減税率
相談LINEの記事をもっと見る 2018年9月4日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「消費税 + 軽減税率」のおすすめ記事

「消費税 + 軽減税率」のおすすめ記事をもっと見る

「消費税 + 経過措置」のおすすめ記事

「消費税 + 経過措置」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら