老人ホームに入居している被相続人の持ち家に適用される老人ホーム特例

被相続人が相続の開始時に居住の用に供していた宅地をその被相続人と生計を一にしていた親族が相続により取得し、それを申告期限までに自己の居住の用に供するなど、一定の要件を満たす宅地については、特定居住用宅地等として、その宅地の評価額を80%減額させることができます。

老人ホームに入居している被相続人の持ち家に適用される老人ホーム特例

■小規模宅地の特例は持ち家に住んでいることが前提だが

この特例の大前提として、被相続人などが相続の開始時に居住の用に供している必要がある訳ですが、被相続人が亡くなる前に体調を崩し、老人ホームなどで生活せざるを得ない、といったことも多くあります。老人ホームで生活するとなると、自分の持ち家は居住の用に供していないためストレートに解釈すると特定居住用宅地等の特例の対象になりません。しかし、こうなると取扱いとしてはかなり厳格です。

この点を踏まえ、老人ホームに入居している被相続人の持ち家について、特定居住用宅地等の特例を認めるという特例(老人ホーム特例)があります。

■老人ホーム特例の内容

老人ホーム特例の要件は、以下の通りです。

1 相続開始時点において介護保険法に規定する要介護認定又は要支援認定を受けていたこと
→ 要介護認定等は、相続開始直前において受けていればよいとされていますので、施設の入居時にこれらの認定を受けている必要はないとされています。加えて、要介護1など、程度は問われないとされています。

2 老人福祉法に規定する認知症高齢者グループホーム、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム又は有料老人ホームなど、所定の老人ホームなどに入居すること

あわせて読みたい

相談LINEの記事をもっと見る 2018年11月27日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。