2019年度税制改正で創設された「個人版事業承継税制」を税理士が解説1

2019年度税制改正においては、個人版事業承継税制が創設されました。この制度は、中小企業のオーナーが保有する株式に対する相続税や贈与税の納税を猶予する法人版事業承継税制にならった制度です。法人版事業承継税制は法人で事業を行う場合の特例であり、個人事業主については特に優遇がなかったことから、個人事業主についても同様の納税猶予を認めるべきとして、個人版事業承継税制が創設されたのです。

2019年度税制改正で創設された「個人版事業承継税制」を税理士が解説1

■対象になる資産と注意点

個人版事業承継税制は、個人事業主が事業を承継する場合に発生する、後継者に納税の義務がある事業用資産の贈与税や相続税の納税を猶予するための制度です。ここでいう事業用資産については、原則として以下とされています。

事業用の宅地(400㎡まで)
事業用の建物(床面積800㎡まで)
その他、一定の減価償却資産

このため、事業において必要になる預金や、取引先に対する売掛金などの債権はこの制度の対象にはなりません。

■小規模宅地の特例との関係

相続税の節税上、必ず考慮するのが小規模宅地の特例です。これは、被相続人などが事業や居住、そして貸付の用に供している宅地について、それを引き継いだ相続人が引き続き継続してこれらの用途に使う場合など一定の要件を満たす場合に認められる特例で、この対象になると最大で80%、評価額を減額させることが出来ます。

このように非常にメリットの大きい制度ですから、個人版事業承継税制の適用を受けようとする事業用の宅地については、個人版事業承継税制か小規模宅地の特例かどちらか一方しか使うことができないとされています。

あわせて読みたい

相談LINEの記事をもっと見る 2019年8月8日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。