外国人労働者の就労ビザ取得費用を会社が負担した場合の課税関係とは

外国人労働者の就労ビザ取得費用を会社が負担した場合の課税関係とは
拡大する(全1枚)
人手不足の影響で、近年は外国人労働者の受け入れが多くなっていますが、より効率的に労働者を受け入れるために、就労ビザの取得費用を会社が負担することを検討する企業も増えているようです。この取得費用を会社が仮に負担する場合、税務上問題になるのは給与課税です。
従業員が負担するべき費用を会社が負担した場合、一定の費用を除いて、それは従業員への給与に当たるとされます。従業員に一回お給料を払って、そのお給料を基に従業員会社が負担した費用を支払った、と判断できるからです。
仮にこのように税務署から判断されれば、従業員にはお給料に対する所得税がかかり、会社についても、その所得税に相当する源泉徴収の義務が発生することになります。

外国人労働者の就労ビザ取得費用を会社が負担した場合の課税関係...の画像はこちら >>

■資格取得費用との関連性

就労ビザの取得費用を会社が負担した場合の税務について、明確なものは見つかりませんが、関連する取扱いとして、国税の通達には資格取得費用に関するものがあります。会社の業務に直接必要になる資格を取得する費用を仮に会社が負担する場合、その費用については給与課税の対象にしなくていいというものです。

就労ビザについても、その取得をしないと日本で就労ができない訳ですから、同じ考えで負担してもいいのではないか、という見方もあります。しかしながら、ここでいう「資格
については、従業員が会社で働く中で、自然と習得する技術と大差がないため、その取得費用を給与課税としない、とその趣旨が説明されています。就労ビザは、このような技術とは一線を画しますので、となると給与課税される可能性が大きいと考えます。

当時の記事を読む

相談LINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク