節税対策として多用されている「日当の支給」は日帰りでも有効か?

最も有効な節税の一つに、日当の支給があります。日当とは、遠隔地に従業者が出張する場合に会社の出張旅費規程等に基づいて支給されるもので、遠隔地に出張することにより生じる諸経費を補てんするための費用をいいます。出張すると通常は使わない費用が発生することから、税務上も支給が認められています。

節税対策として多用されている「日当の支給」は日帰りでも有効か?

■日当の減税効果

日当が節税に有効なのは、以下のように、3つの税目において減税効果があるからです。

1 支給を受ける個人の所得税の取扱いとして、日当は原則非課税とされる
2 支給をする会社の法人税の計算上、日当は経費として認められる
3 支給をする会社の消費税の計算上、対象となる出張が国内であれば、日当は国内旅費として、消費税の税額控除が認められる

■日当の要件

ただし、すべての日当が上記のように認められる訳ではなく、日当として適正な金額である必要があります。この適正な金額の判断は、以下の2つに照らしてなされます。

1 支給額が、その支給をする使用者等の役員及び使用人の全てを通じて適正なバランスが保たれている基準によって計算されたものであるかどうか(社内のバランス)
2 その支給額が、その支給をする会社と同業種、同規模の他の使用者等が一般的に支給している金額に照らして相当と認められるものであるかどうか(同業他社とのバランス)

このため、具体的にいくらまで出せるか、往々にして問題になりますが決め手はありません。一般的には、国家公務員の旅費規程にいて定めた、な国家公務員等の旅費に関する法律で決められた国家公務員の日当額などを参考に決める場合が多いようです。

あわせて読みたい

相談LINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「節税 + 不動産」のおすすめ記事

「節税 + 不動産」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「税金」のニュース

次に読みたい関連記事「税金」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「年金」のニュース

次に読みたい関連記事「年金」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月29日のライフスタイル記事

キーワード一覧

  1. 節税 不動産

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。