保険金受取人が死亡した場合の保険金の取扱いについて税理士が解説!

被相続人の死亡により、被相続人が保険料を負担していた保険契約の保険金を受け取った相続人に対しては、その保険金を相続財産とみなして相続税が課税されます。ここでいう、保険金を受け取る保険金受取人とは、保険契約に係る保険約款等の規定に基づいて保険金を受け取る権利を有する者をいうこととされており、いわば保険契約上の保険金受取人を意味します。
実務上、問題になることの一つに、この保険金受取人が、被相続人の死亡という保険事故が発生する前に亡くなっている場合の取扱いがあります。

保険金受取人が死亡した場合の保険金の取扱いについて税理士が解説!

■保険金受取人がすでに亡くなっていた場合

保険金の受取人が死亡したときの取扱いとして、保険法において「保険金受取人が保険事故の発生前に死亡したときは、その相続人の全員が保険金受取人となる。」と規定されています。このため、保険金受取人の相続人に対し、保険金が支払われることになります。

このように、保険金受取人の相続人が保険金を受け取る権利を取得する訳ですが、この受け取る権利に対しては、被相続人である保険金受取人の相続税の計算上、被保険者の死亡という保険事故は発生していないため、一定の場合を除き相続税は課税されないとされています。もちろん、被保険者が死亡して保険事故が発生して保険金を取得した場合には、そのタイミングで相続税などの課税問題が生じます。

■受け取る保険金の割合

注意したいのは、保険金受取人の相続人が取得する保険金の割合です。これについては、平成5年の最高裁判決により、平等の割合で取得することとされています。相続人が取得するとなると、法律で定められた法定相続分で取得すると考えがちですが、そうではありませんので注意が必要です。

あわせて読みたい

相談LINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月11日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。