日本人vs外国人観光客でこんなに違うの!?ホストとゲストの距離感に関する最新調査から見える国によって異なる”おもてなし”

日本人vs外国人観光客でこんなに違うの!?ホストとゲストの距離感に関する最新調査から見える国によって異なる”おもてなし”

Booking.comが4月22日に発表した、旅行先でのホストとゲストの距離感に関する調査において、日本と世界では大きく認識が異なることが明らかになりました。宿泊施設におけるインバウンドの受け入れ態勢強化にあたり、日本と世界におけるおもてなしに対する認識の違いを把握しておくことは重要となるでしょう。訪日客により満足度の高い滞在を提供するために、日本の宿泊施設が把握しておくべき、外ゲストが期待するおもてなしのあり方について見ていきましょう。

調査は、2018年12月14日~2019年1月14日にオンラインアンケートを実施し、日本を含む世界29カ国・2万1500人の旅行者から得た回答をもとに集計されています。

インバウンドデータ(総合)カテゴリの資料を一括DLインバウンドデータ(総合)カテゴリの詳細はこちら


ホストで宿泊施設を決める時代!?

民泊の需要拡大といった背景もあり、世界中でホストとのつながりやコミュニケーションを重視する傾向が高まってきています。「宿泊施設のホストが提供してくれたサービスのおかげで、より良い旅行になった」と回答した割合は、世界で63%、日本でも約半数の47%となり、宿泊施設で受けたおもてなしが、旅行の満足度に大きく影響していることが明らかになりました。

宿泊施設の設備の充実度などだけでなく、ホテルスタッフやB&Bのマネージャーといったホストのおもてなしや人柄の良さ

あわせて読みたい

気になるキーワード

訪日ラボの記事をもっと見る 2019年5月15日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。