【中国】年間1.5億人が海外旅行、最新トレンド「深度遊」とは?ニーズが「爆買い」→「体験・学び」に大変化

【中国】年間1.5億人が海外旅行、最新トレンド「深度遊」とは?ニーズが「爆買い」→「体験・学び」に大変化

こんにちは、クロスシー編集部です。

中国での「海外旅行」ブームについてはこれまで何度か紹介してきましたが、今年も中国人が一年で最も日本に来る「夏」がやってきます。

昨年の中国人の海外旅行動向と、今年の夏の旅行傾向について、「深度遊」をキーワードに解説します。

SNSやブログだけじゃない!FIT中国人旅行者が


2018年の中国人の海外旅行傾向は?

今年の3月に、中国旅行研究院とCtripは連名で「2018年中国旅客ビッグデータレポート」を公開しました。

これによれば、日本同様に、タイ香港、マカオ、台湾、ベトナム、シンガポールインドネシア、ロシア、カンボジア、オーストラリア、フィリピンで、その国を訪れる観光客のうち、中国からの観光客が最も多くなっています。

中国の公的機関である文化旅行部が今年2月に発表した中国人の海外旅行者数は、延べ1億4,972万人となっています。レポートでは香港、マカオ、台湾を含まない旅行者数も公開しており、こちらは7,125万人です。


パスポート所有率は10%超も、まだまだ世界的に見れば低い水準

2017年の旅券統計によれば、日本人のパスポート保有率は約23.5パーセントで、2017年末の有効旅券数は約3,000万件です。

アメリカは42%、カナダは66%、イギリスは76%となっており、日本は先進国の中でもパスポート所有率が目立って低いと言われています。

そして実は、年間で延べ約1.5億人が出国する中国は、こうした日本よりもさらに低くなっています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

訪日ラボの記事をもっと見る 2019年7月17日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「国内旅行」のニュース

次に読みたい関連記事「国内旅行」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「卒業旅行」のニュース

次に読みたい関連記事「卒業旅行」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「子連れ」のニュース

次に読みたい関連記事「子連れ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。