昔ながらの湯治場の風情あふれる小谷温泉「山田旅館」

長野県の小谷(おたり)温泉「山田旅館」は江戸時代建築の本館をはじめ明治から平成に建築された建物が並び昔ながらの湯治場の風情が残る温泉宿。

本館を含む6棟が登録有形文化財に指定される。

昔ながらの湯治場の風情あふれる小谷温泉「山田旅館」

加水・加温なしのかけ流しの自家源泉の温泉を保有し「日本秘湯を守る会」の会員宿でもある。

国道148号線の小谷温泉口から県道114号線に入り小谷温泉へ向かうと山深さは増していき、宿に到着すれば「秘湯」というに相応しい懐かしい木造りの建物が建つ。

玄関・フロントがある建物が江戸時代に建築の本館。

昔ながらの湯治場の風情あふれる小谷温泉「山田旅館」

本館の隣に大正時代に建てられた木造の新館、奥に鉄筋コンクリート造りの別館が並ぶ。

昔ながらの湯治場の風情あふれる小谷温泉「山田旅館」

別館にはエレベーターがあり、全室バス・トイレ・エアコン付きで部屋に鍵がかかる、とわざわざここに記載するのは本館と新館の部屋にはバス・トイレ・エアコンなし、部屋に鍵が付いていないからだ。

昔ながらの湯治場の風情あふれる小谷温泉「山田旅館」

設備の整った別館に泊まるかリーズナブルで情緒のある本館・新館に泊まるかはお好みで。

江戸時代に思いを馳せて本館に宿泊するのも旅の醍醐味。鍵はかからないが、貴重品用の金庫を用意している。

なお、本館と新館にはバスタオルの用意がないので必要ならレンタルするか持参しよう。

昔ながらの湯治場の風情あふれる小谷温泉「山田旅館」

大浴場は本館の1階に「元湯湯殿」と外湯の「桧の内風呂・展望風呂」の2か所で、どの湯船も源泉100%の温泉のかけ流し。

「元湯湯殿」は入り口からレトロ感満載の模様硝子が入った木造りの扉。

昔ながらの湯治場の風情あふれる小谷温泉「山田旅館」

湯船に2メートルほどの高さから源泉が落ちている様は打たせ湯に見える。その湯量の多さと浴室に反響するせいもあるのか滝のような迫力のある音が響く。


あわせて読みたい

IGNITEの記事をもっと見る 2017年6月19日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら