メルセデスの本流を知るなら、やはり“C”! 充実装備のローレウスエディション登場

GLAやCLAを含むAクラスファミリーやBクラスによって新たなユーザーを獲得しているメルセデス・ベンツだが、「やっぱりメルセデスは“C”以上だよな~」と考える方も少なくないだろう。

そもそもの車格や駆動方式の違いも大きいが、Cクラスはメルセデスの最量販モデルであり、4世代にわたって伝統と格式を受け継いでいるモデルでもある。ある意味では、フラッグシップの“S”よりも重要なモデルと捉えることもできる。

メルセデスの本流を知るなら、やはり“C”! 充実装備のローレウスエディション登場

そんなCクラスに、スポーツの力で社会貢献するローレウス財団とのコラボモデルが登場した。

セダン/ステーションワゴンの「C180」と「C220d」に追加された特別仕様車“ローレウスエディション”は、内外装にAMGラインを装備するほか、各種オプションアイテムを標準装備する。

メルセデスの本流を知るなら、やはり“C”! 充実装備のローレウスエディション登場

具体的には前席シートヒーター、シフトとアクセル操作のみで縦列&並列駐車をサポートするパーキング・パイロット、パノラミック・スライディングルーフ(ステーションワゴンのみ)を装備する。

メルセデスの本流を知るなら、やはり“C”! 充実装備のローレウスエディション登場

また、「C180」にはスポーツサスペンション、「C220d」には電子制御のエアスプリングと連続可変ダンパーによって快適な乗り心地を生みだすAIRMATICアジリティパッケージが備わる。「C180」はさらにタイヤ&ホイールが16インチから18インチへと大径化されるため、見た目と走りが一段とスポーティになる。

メルセデスの本流を知るなら、やはり“C”! 充実装備のローレウスエディション登場

搭載エンジンは、「C180」が1.6リッターの直噴ガソリンターボ(156ps/250Nm)、「C220d」が2.2リッターの直噴ディーゼルターボ(170ps/400Nm)。トランスミッションはいずれも9速ATとの組み合わせ。ちなみにCクラスの現行ラインナップでディーゼルを選ぼうとすると、今回の「C220d ローレウスエディション」一択となる。

あわせて読みたい

IGNITEの記事をもっと見る 2017年8月19日の経済記事をもっと見る
「メルセデスの本流を知るなら、やはり“C”! 充実装備のローレウスエディション登場」の みんなの反応 2
  • 匿名希望 通報

    そういう発言は、乗れない人の僻みにしか聞こえませんから、やめた方がいいですよ

    6
  • 匿名さん 通報

    Cクラスって大衆車だろ? 金額は見合わないけど

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。