自衛隊テントの加工技術を応用。綿でありながら撥水する生地で作られたバッグ

荷物の収納に欠かせないのがバッグだ。ただ、雨などにより浸水し中の荷物が濡れてしまっては意味がない。

このバッグならそんな心配は無用だ。

自衛隊テントの加工技術を応用。綿でありながら撥水する生地で作られたバッグ

タケヤリは、強力撥水加工を施した、タイガー帆布シリーズをオンラインストア限定で発売。ナイロン素材が主流のバッグ市場で、綿ならではの風合いを持ったバッグへのニーズは多い。

市場に多く見られない理由は、綿の一番のデメリットでもある「濡れやすさ」だ。そこで、タケヤリは特殊なパラフィン加工により強力撥水加工を施した、「タイガー帆布」シリーズを開発した。

自衛隊テントの加工技術を応用。綿でありながら撥水する生地で作られたバッグ

■製品特徴​

1:自衛隊のテントやトラックの幌に使われる強力撥水加工を応用

自衛隊テントの加工技術を応用。綿でありながら撥水する生地で作られたバッグ

綿帆布にパラフィン(ろう)をたっぷり染み込ませる方法を、タケヤリが織る超高密度帆布に施した。過酷なアウトドアでも使われている加工だ。

2:シンプルな構造の中に嬉しいディテール

自衛隊テントの加工技術を応用。綿でありながら撥水する生地で作られたバッグ

バックパックの背面にはクッションが入ったPCポケット、反対面にはペン差し、スマホやパスケースなどを入れるオーガナイザーポケットを配置。

3:綿帆布に似合うメタルジッパー

自衛隊テントの加工技術を応用。綿でありながら撥水する生地で作られたバッグ

クラシックな雰囲気にぴったりのメタルジッパーは、全て品質が安定したYKK製を採用した。

綿素材ならではの風合いは、ナイロンやレザー素材のバッグとは一味違う。収納力もあるので、デイリーユースのバッグとして大活躍間違いなしだ。

(haruyama)

あわせて読みたい

気になるキーワード

IGNITEの記事をもっと見る 2018年8月10日のライフスタイル記事
「自衛隊テントの加工技術を応用。綿でありながら撥水する生地で作られたバッグ」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    で、おいくら万円?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。