江戸の風情が残る。上野東照宮 春のぼたん祭

江戸の風情を今に残す上野東照宮のぼたん苑。2019年4月11日(木)~5月12日(日)の間、110種600株以上が彩る春のぼたん祭が開催。

江戸の風情が残る。上野東照宮 春のぼたん祭

■開苑当時からの大株や、緑色に咲く『まりも』など110種600株以上
期間中、日本、中国、アメリカ、フランスなど110種600株以上のボタンが咲き誇る。中には開苑当時から咲き続ける大株や、中国品種と日本品種の自然交配による緑色の花が珍しい『まりも』なども楽しめる。

江戸の風情が残る。上野東照宮 春のぼたん祭

                   [苑内風景※昨年のイメージ]

江戸の風情が残る。上野東照宮 春のぼたん祭

                          [まりも]

                          [ジパング]

江戸の風情が残る。上野東照宮 春のぼたん祭

黄色の黄色の千重咲きの牡丹で上向きに咲く唯一の牡丹。

                          [赤銅の輝]

江戸の風情が残る。上野東照宮 春のぼたん祭

黄色に桃色がかった橙色の花弁でとても珍しい品種の牡丹。花弁一枚一枚が際立ち、上向きに咲くのも特徴。

■『ボタン』とは
ボタンの花は「富貴」の象徴とされ、「富貴花」「百花の王」などと呼ばれている。
日本には奈良時代に中国から薬用植物として伝えられたとされ、江戸時代以降、栽培が盛んになり数多くの品種が作り出されてきた。中国文学では盛唐(8世紀初頭)以後、詩歌に盛んに詠われるようになり、日本文学でも季語として多くの俳句に詠まれ、絵画や文様、家紋としても親しまれてきた花だ。

江戸の風情が残る。上野東照宮 春のぼたん祭

                          [紫紅殿(しこうでん)]


あわせて読みたい

IGNITEの記事をもっと見る 2019年4月13日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。