アウディによるラグジュアリーSUVクーペ、新型「Q8」が日本上陸!

BMWからフラッグシップSUVの「X7」が登場したばかりだが、今度はアウディのフラッグシップSUV「Q8」が日本上陸を果たした。

アウディによるラグジュアリーSUVクーペ、新型「Q8」が日本上陸!

新型Q8は基本構造こそ「Q7」と共有するものの、クーペスタイルのルーフラインやデジタル時代を象徴する「MMIタッチレスポンス」、さらにはマイルドハイブリッドといった先進のパワートレーンなどを採用。“ラグジュアリーSUVクーペ”としてのダイナミズムを全身で表現している。

新型Q8のボディサイズは、全長4,995×全幅1,995×全高1,705mm。低く優雅な弧を描くルーフラインとフレームレスドアを採用し、車高はQ7と比べると30mm低くなる。最低地上高は210mmで、アルミホイールは20~22インチの大径タイプを採用している。

アウディによるラグジュアリーSUVクーペ、新型「Q8」が日本上陸!

インテリアには、セダンタイプのフラッグシップ「A8」と同様、10.1インチと8.6インチのタッチパネルを上下に配置した「MMIタッチレスポンス」や大型バーチャルコクピットを装備するほか、先進のつながる機能「アウディコネクト」を搭載している。

アウディによるラグジュアリーSUVクーペ、新型「Q8」が日本上陸!

ホイールベースは2,995mmで、5名の乗員にゆとりあるスペースを提供する。また、リアシートにも100mmの前後スライド機構が備わり、ラゲッジルームは通常時605L~最大1,755Lまで広がる。

アウディによるラグジュアリーSUVクーペ、新型「Q8」が日本上陸!

日本市場におけるパワートレーンはマイルドハイブリッドのみ。3.0リッターのV6直噴ターボ(340ps/500Nm)+8速AT+48Vのマイルドハイブリッドシステムに、自慢の4WDシステム・クワトロを組み合わせる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

IGNITEの記事をもっと見る 2019年7月10日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。