SUVタイプの新型ピュアEV「EQC」が日本上陸! メルセデスの新時代がここから始まる

メルセデス初の量産ピュアEV、新型「EQC」が日本でお披露目された。まずはデビュー記念の「EQC エディション1886」が限定55台で発売され、ベースモデルの「EQC400 4MATIC」は2020年の春から導入される予定となっている。

SUVタイプの新型ピュアEV「EQC」が日本上陸! メルセデスの新時代がここから始まる

ちなみに限定車が冠する「1886」は、ダイムラー社の創始者であるカール・ベンツとゴットリープ・ ダイムラーがそれぞれ別々にガソリン自動車を完成させた1886年に由来し、電気自動車による新しい時代の幕開けを告げる意味が込められている。

新型EQCは、メルセデスの電動化ブランド「EQ」が放つ、「C」クラスをベースに開発されたSUVタイプのピュアEVとなる。

SUVタイプの新型ピュアEV「EQC」が日本上陸! メルセデスの新時代がここから始まる

全体的なフォルムは「GLC」を滑らかにした印象だが、光ファイバーチューブや大型ブラックパネルを採用したフロントマスクや、上下にスリムなチューブ状のテールランプなどによって、EV固有のエッセンスを表現している。

SUVタイプの新型ピュアEV「EQC」が日本上陸! メルセデスの新時代がここから始まる

一方のインテリアでは、2つの10.25インチディスプレイを空中に浮かんでいるように配置しながら、アンビエントライトで未来感を演出。また、キーをかたどったEQ専用デザインのエアコン吹き出し口やシートステッチなどにローズゴールドの装飾を施し、EQならではの個性を演出している。

SUVタイプの新型ピュアEV「EQC」が日本上陸! メルセデスの新時代がここから始まる

限定55台の「EQC エディション1886」では、専用ラジエターグリルやサイドエンブレム、白のアクセントを効かせた専用20インチアルミホイール、“1886”と刺繍されたレザー×DINAMICAシートなどが装備される。


あわせて読みたい

IGNITEの記事をもっと見る 2019年7月22日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。