京都・今宮神社で春を愛でながら「あぶり餅」でほっと一息

疫病や厄災退散、織物の神様を祀り、また「玉の輿」の逸話で女性に人気の「紫野今宮(いまみや)神社」。4月には「やすらい祭」が開催され、多くの尊崇を集めている神社だ。

中心部から離れているお陰でとても落ち着いていて、つい行きたくなるのである。

京都・今宮神社で春を愛でながら「あぶり餅」でほっと一息

本社は健康や良縁祈願にご縁があり、その隣の「疫社」は素盞嗚尊(すさのをのみこと)を祀っている。今宮神社の始まりが疫病や厄災退散を祈ったお社とのことであり、京都の三奇祭のひとつとして数えられる「やすらい祭」はこの前で踊られる。

京都・今宮神社で春を愛でながら「あぶり餅」でほっと一息

この日は少し寒かったが、あちこちで梅が咲いていて、ふとした時に香って春らしさを感じる。落ち着いた色合いの多いこの神社の境内に、まさに花を添えるような美しさ。「いとを(お)かし」と、平安時代の風流というのはこの様なものかと思う。

京都・今宮神社で春を愛でながら「あぶり餅」でほっと一息

この神社は中心部から離れているのに、いつも人がお参りに来ている。特に「玉の輿」にあやかりたいという女性に人気なのだが、それ以外に楽しみがもう一つある。

それが、お参りを済ませてから立ち寄りたい、門前の「あぶり餅」だ。

京都・今宮神社で春を愛でながら「あぶり餅」でほっと一息

神社の正面の楼門をくぐったときは分からないのだが、東門を出ると、「かざりや」と「一和」という2つのあぶり餅屋が向かい合わせで我々を待っている。

どちらも店構えが古く、趣があっていい。両方から声をかけられて困ることもあるが、梯子する人たちもいるのでチャレンジするのもありだ。

どちらがお勧めということもなく、大きさも数も値段も同じ。ただ、餅に塗られている味噌の味が若干違うので、お好みや気分で決めるといいだろう。

京都・今宮神社で春を愛でながら「あぶり餅」でほっと一息

今回は「かざりや」の方でほっと一息。寒かったので熱いお茶が嬉しい。

あぶり餅はいつものように優しい甘さと、焼いた餅の香ばしさが合わさって幸せな気分になる。お腹いっぱいになるわけでもなく、ちょうどいい量なのもありがたい。

京都・今宮神社で春を愛でながら「あぶり餅」でほっと一息

このあぶり餅を食べ終わる頃には元気が出て、また気分良く紫野の地を歩く。どんな季節でも訪ねたい、京都の名所の一つである。

(田原昌)

あわせて読みたい

IGNITEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月14日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。