文豪や政治家が愛した「三笠ホテルカレー」の食べ比べセットが登場

記事まとめ

  • 三笠ホテルレトルトカレーシリーズで、2種類の食べ比べセットが登場。
  • 三笠ホテルは「軽井沢の鹿鳴館」と呼ばれ、多くの政治家や財界人などに親しまれた。
  • 日本の名だたるVIPが愛した幻のカレーを、現代人の舌に合うよう少しアレンジ。
文豪や政治家が愛した「三笠ホテルカレー」の食べ比べセットが登場
拡大する(全7枚)
d54365-301-943342-0

在宅時間が長くなり美味しいレトルトは常備しておきたいもの。気軽に食べられてボリュームもあるレトルトカレー利用する人も多いだろう。そこで

様々な文豪や政財界の人物に愛された、三笠ホテルカレーを紹介したい。

■多くの政治家に愛されたカレー

三笠ホテルは、1906(明治39)年、実業家:山本直良によって創業され、1970(昭和45)年に営業を終了したが、1980(昭和55)年に国の重要文化財に指定。「軽井沢の鹿鳴館」と呼ばれ、有島武郎や近衛文磨、大隈重信、渋沢栄一ら多くの政治家、財界人、文化人に親しまれた純西洋風建築のホテルだ。

そんな日本の名だたるVIPが愛した幻のカレーが、三笠ホテルカレーだ。当時のレシピを忠実に再現し、かつ当時のシェフと共に現代人の舌に合うよう少しアレンジ。

辛さと渋みが目立った当時のレシピに、軽井沢の名産でもあるルバーブのジャムを加え、子供から大人までが美味しく味わえるようにまろやかな風味に仕上げた、軽井沢の歴史の詰まった一品だ。

文豪や政治家が愛した「三笠ホテルカレー」の食べ比べセットが登...の画像はこちら >>

■2種類の食べ比べが叶うセット

三笠ホテルレトルトカレーシリーズには2種類のラインナップがあり、どちらも食べてみたいという要望に応え、食べ比べセットを販売。

三笠ホテルチキンカレーは、ブランド鶏「信州福味鶏」を使用している。

文豪や政治家が愛した「三笠ホテルカレー」の食べ比べセットが登場

三笠ホテルビーフカレーは、長野県産牛肉を使用。どちらもホテルカレーの上質な味が特徴だ。

文豪や政治家が愛した「三笠ホテルカレー」の食べ比べセットが登場

まだまだ続きそうだ自粛生活。VIPが愛したホテルカレーの味を自宅でも楽しもう。

https://mikasa-hotelcurry.com/

(Goto)

この記事の画像

「文豪や政治家が愛した「三笠ホテルカレー」の食べ比べセットが登場」の画像1 「文豪や政治家が愛した「三笠ホテルカレー」の食べ比べセットが登場」の画像2 「文豪や政治家が愛した「三笠ホテルカレー」の食べ比べセットが登場」の画像3 「文豪や政治家が愛した「三笠ホテルカレー」の食べ比べセットが登場」の画像4
「文豪や政治家が愛した「三笠ホテルカレー」の食べ比べセットが登場」の画像5 「文豪や政治家が愛した「三笠ホテルカレー」の食べ比べセットが登場」の画像6 「文豪や政治家が愛した「三笠ホテルカレー」の食べ比べセットが登場」の画像7

あわせて読みたい

IGNITEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年6月10日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク