作家推薦作品も登場!東京創元社の「復刊フェア 2021」今年も開催

作家推薦作品も登場!東京創元社の「復刊フェア 2021」今年も開催
拡大する(全3枚)
main

秋に夜長にじっくり読みたい本が集合。

東京創元社の「復刊フェア 2021」が、今年も充実のラインナップで全国の書店にて開催中だ。

作家推薦作品も登場!東京創元社の「復刊フェア 2021」今年...の画像はこちら >>

■ファン待望の東京創元社「復刊フェア」

ミステリ・SF・ファンタジイ・ホラーの老舗専門出版社・東京創元社が贈る「復刊フェア」は、例年秋に開催されファンの間では待望のフェアとして知られている。

今年もtwitterで実施したアンケートの結果も参考に、古今東西の名作から厳選された10作品が復刊。「名著復活」と記された帯がまかれて書店店頭に登場する。

さらに、今年は初めての試みとして作家の推薦が入った銘柄も登場!青崎有吾・宮内悠介・米澤穂信という3人の人気作家の推薦銘柄にも注目だ。

■ミステリ・ファンタジイ・SFから10作品が復刊

ミステリ部門からは5作品が復刊した。

●マイケル・ギルバート/石田善彦訳『捕虜収容所の死』
捕虜収容所からの脱走劇は成功するのか。独創的な謎解き小説!

●F・W・クロフツ/橋本福夫訳『マギル卿最後の旅』
フレンチ警部、北アイルランドとロンドンでアリバイ破りに挑む。新カバーで登場。

●ピエール・シニアック/藤田宜永訳『ウサギ料理は殺しの味』
ミステリ史上最強の怪作。驚愕の展開はすべての予想を裏切る展開となっている。

米澤穂信推薦。
「唯一無二。奔放なる奇想が生み出してしまった、ミステリ史に残る大怪作です」

●ドロシー・L・セイヤーズ/浅羽莢子訳『毒を食らわば』
ピーター卿、被告人に恋をする。ハリエットとの出会いを描く長編。新カバーで登場。


この記事の画像

「作家推薦作品も登場!東京創元社の「復刊フェア 2021」今年も開催」の画像1 「作家推薦作品も登場!東京創元社の「復刊フェア 2021」今年も開催」の画像2 「作家推薦作品も登場!東京創元社の「復刊フェア 2021」今年も開催」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

IGNITEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク