“奇跡の炭窯”を持つフレンチレストラン「フルヌス銀座」がリニューアルオープン
拡大する(全5枚)

その日、一番美味しい食材を、一番美味しい調理法で。

“奇跡の炭窯”を持つフレンチレストラン「FURNUS(フルヌス)銀座」が6月17日(金)に銀座7丁目にてリニューアルオープンした。リニューアルに伴い、同店では特別なメニューを用意している。

“奇跡の炭窯”を持つフレンチレストラン「フルヌス銀座」がリニ...の画像はこちら >>

シェフと一緒にメニューを決められるレストラン

FURNUS銀座は、食材を見てシェフと相談しながらメニューを決めるフレンチレストランだ。

シェフは、4年間フランスやスイスで腕を磨き、「クラブニュクス」や「アンフォール」で経験を積んだ後、「ラ・グラップ」のオーナーシェフも務めた加藤清和氏。2018年に「FURNUS GINZA」が開店して以降は、同店で日夜その腕を振るい続けている。経験豊かなシェフが、その日に仕入れたこだわりの素材を、その日一番美味しいメニューへと生まれ変わらせる。

“奇跡の炭窯”を持つフレンチレストラン「フルヌス銀座」がリニューアルオープン

シェフと相談しながら素材を選べるカウンター席

“奇跡の炭窯”を持つフレンチレストラン「フルヌス銀座」がリニューアルオープン

気を使わず楽しめるプライベート個室(6人掛け)は、接待にもおすすめ

デートや接待で会話を楽しみたい人は「おまかせコース」も選択できる。シーンに応じて、オーダー方法を使い分けたい。

香りを閉じ込めつつ食材を焼き上げる“奇跡の窯”

そんな同店のもう一つの特徴は、店内に設置された“炭窯”だ。

“奇跡の炭窯”を持つフレンチレストラン「フルヌス銀座」がリニューアルオープン

炭窯とは、炭焼きと違い、炭を燃料として使った窯のこと。通常、窯の熱源には薪やガスを使うが、フルヌス銀座の窯は炭を熱源にし、輻射熱で窯全体をじっくり温め焼き上げる。素材の香りを損なうことなく、ムラなくきれいに食材を焼ける特注窯だ。


この記事の画像

「“奇跡の炭窯”を持つフレンチレストラン「フルヌス銀座」がリニューアルオープン」の画像1 「“奇跡の炭窯”を持つフレンチレストラン「フルヌス銀座」がリニューアルオープン」の画像2 「“奇跡の炭窯”を持つフレンチレストラン「フルヌス銀座」がリニューアルオープン」の画像3 「“奇跡の炭窯”を持つフレンチレストラン「フルヌス銀座」がリニューアルオープン」の画像4
「“奇跡の炭窯”を持つフレンチレストラン「フルヌス銀座」がリニューアルオープン」の画像5