日本の伝統文化を次世代につなぐプロジェクト。能楽の大曲「道成寺」を360度・VR映像で鑑賞しよう
拡大する(全6枚)

日本の伝統文化を後世に引き継ぐプロジェクトの一環として、能楽をVRで体験するデモンストレーションが、5月29日(日)に国立能楽堂で行われた觀ノ会 第五回公演「道成寺」にて披露された。

同公演では360度映像のカメラ撮影を行っており、その映像が7月1日(金)からWEBサイト「友枝家の能」にて、1ヶ月の期間限定で公開中だ。

日本の伝統文化を次世代につなぐプロジェクト。能楽の大曲「道成...の画像はこちら >>

映像を通して日本の伝統文化「能」を未来へ届けたい

今回、能楽公演をプロデュースする「觀ノ会」は、能楽の未来へのプロジェクトとしての360度撮影のアーカイブ作りに賛同。能楽師 友枝雄人(ともえだ たけひと)師がシテ(=主役)を勤めた「道成寺」の360度映像撮影にも協力している。

日本の伝統文化を次世代につなぐプロジェクト。能楽の大曲「道成寺」を360度・VR映像で鑑賞しよう

誰でもどこでも鑑賞できる。能の舞台を360度で堪能

同作品は、能楽師のシテ(=主役)が、生涯に数回しか舞うことがないといわれる「道成寺」の舞台脇に、360度カメラを設置して撮影した。

また、同作品をVRゴーグルで視聴すると、目の前に国立能楽堂の舞台が広がり、臨場感ある公演が満喫できる。

日本の伝統文化を次世代につなぐプロジェクト。能楽の大曲「道成寺」を360度・VR映像で鑑賞しよう

日本の伝統文化を次世代につなぐプロジェクト。能楽の大曲「道成寺」を360度・VR映像で鑑賞しよう

ユネスコの無形文化遺産に登録されながらも、普段はなかなか接することができない日本の伝統芸能である「能」。同プロジェクトは、演者だけでなく、次世代の観客も育成することにより、日本文化への幅広い理解を促進していくことを目的に、新しいデジタル体験の未来や記録を作る挑戦としてスタートした。

今回の取り組みでは、ART360(ART THREE SIXTY)など、アートとデジタルを融合させたDXプロジェクトを数多く手掛けるActual Inc.が技術協力をしており。同社の撮影技術と文化アーカイブ作りのノウハウを、能楽の本公演とマッチングした。また、取り組みは喜多流のシテ方・友枝師の賛同と支援のもとに実現したという。


この記事の画像

「日本の伝統文化を次世代につなぐプロジェクト。能楽の大曲「道成寺」を360度・VR映像で鑑賞しよう」の画像1 「日本の伝統文化を次世代につなぐプロジェクト。能楽の大曲「道成寺」を360度・VR映像で鑑賞しよう」の画像2 「日本の伝統文化を次世代につなぐプロジェクト。能楽の大曲「道成寺」を360度・VR映像で鑑賞しよう」の画像3 「日本の伝統文化を次世代につなぐプロジェクト。能楽の大曲「道成寺」を360度・VR映像で鑑賞しよう」の画像4
「日本の伝統文化を次世代につなぐプロジェクト。能楽の大曲「道成寺」を360度・VR映像で鑑賞しよう」の画像5 「日本の伝統文化を次世代につなぐプロジェクト。能楽の大曲「道成寺」を360度・VR映像で鑑賞しよう」の画像6