ジャケ・ドローとモーリス・ベシャール・バレエ。2つの極致の幸福な出会い

2014年11月8日、スイスの時計ブランド『ジャケ・ドロー(JAQUET DROZ)』と『モーリス・ベジャール・バレエ団(Béjart Ballet Lausanne)』のパートナーシップを記念した新作時計が、『モーリス・ベジャール振付ベートーヴェン「第九交響曲」』の公演とあわせ東京で発表されました。

この時計が息を飲む美しさ……なのですが、その前に。 時計とバレエ、2つの世界で特別な存在感を持つジャケ・ドローとモーリス・ベジャール・バレエ団(BBL)について少し説明します。

ジャケ・ドローとモーリス・ベシャール・バレエ。2つの極致の幸福な出会い

■『ジャケ・ドロー』–天才への追憶と貴族的な美 『ジャケ・ドロー』の歴史は、1738年にピエール – ジャケ・ドローがスイスにある時計の聖地ラ・ショー・ド・フォンでその最初の工房を開いたことに端を発します。 ピエール – ジャケ・ドローは、時計制作のかたわらオートマタ(機械人形)の研究と制作に没頭し、「ドロワー」「ライター」「オルガン」など精緻な技術と芸術性をあわせ持つ作品を制作。

いまもって当時のオートマタ文化の頂点として語られています。 ジャケ・ドローの時計もまた、そのきらびやかな美しさと技術力で中国の皇帝にまで愛されましたが、残念なことに経営難におそわれ、工房は一度途絶えてしまいます。 しかし2000年、その美の世界の消失を憂えたスウォッチ・グループにより再興され、その名をいまに残すことになりました。

ジャケ・ドローとモーリス・ベシャール・バレエ。2つの極致の幸福な出会い

現在のジャケ・ドローの時計も、革新的な技術を芸術にまで昇華したピエール – ジャケ・ドローのセンスを受け継ぎ、あくまで上品な華やかさとノーブルな風格をたたえています。 時計ブランドの中でも「知る人ぞ知る」と言われるジャケ・ドロー。 数々の高級時計の世界観が(価格の問題を除けば)善良な一般市民にまで共有される現代にあって、ジャケ・ドローはいまだ貴族的な美と本物エレガンスの存在を証明するような時計だと、筆者は感じます。


あわせて読みたい

IGNITEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。