なんと0-100km/h加速「1.73秒」・・・プジョー謎のモデルの正体が判明

プジョーがティザー映像を公開していた「謎のコンセプトカー」、その正体がついに判明した。

なんと0-100km/h加速「1.73秒」・・・プジョー謎のモデルの正体が判明

0-100km/h加速は、F1マシンさえも凌駕する1.73秒! しかも、このスーパーマシンのステアリングは選ばれた小数の人間だけではなく、誰もが握ることができるのだ。

謎のコンセプトカーの正体は、リアルドライビングシミュレーター『グランツーリスモ6』とのコラボによる「プジョー・ビジョングランツーリスモ」だった。

なんと0-100km/h加速「1.73秒」・・・プジョー謎のモデルの正体が判明

同モデルは、プジョーのデザイナーとプジョー・スポールのエンジニアの連携により、耐久レーシングカーとして最高レベルのパフォーマンスを備えたスーパーマシンに仕上げられた。

なんと0-100km/h加速「1.73秒」・・・プジョー謎のモデルの正体が判明

地を這うように走るボディの全高は、わずか1,040mm。空力パーツは必要最低限しか装備されていないが、極めて低い全高と彫刻のように削りだされた特徴的なボディ形状によって、強烈なダウンフォースを生み出しているという。

なんと0-100km/h加速「1.73秒」・・・プジョー謎のモデルの正体が判明

エンジンは3.2リッターのV6ターボをミッドシップに搭載。車重875kgに対し、最高出力は875psを発生する。つまり、パワー・ウェイト・レシオは1kg/ps(!)。結果、0-100km/h加速は1.73秒で、F1マシンさえも置き去りにする。

「プジョー・ビジョングランツーリスモ」は『グランツーリスモ6』の無料アップデートによって、間もなくドライブできるようになるようだ。まずは空気を切り裂くように走る同モデルの映像をチェックしておこう。

(zlatan)

写真:PSA・プジョーシトロエン

なんと0-100km/h加速「1.73秒」・・・プジョー謎のモデルの正体が判明
なんと0-100km/h加速「1.73秒」・・・プジョー謎のモデルの正体が判明
なんと0-100km/h加速「1.73秒」・・・プジョー謎のモデルの正体が判明
なんと0-100km/h加速「1.73秒」・・・プジョー謎のモデルの正体が判明
なんと0-100km/h加速「1.73秒」・・・プジョー謎のモデルの正体が判明
なんと0-100km/h加速「1.73秒」・・・プジョー謎のモデルの正体が判明

あわせて読みたい

IGNITEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。