「マイナス金利」の今こそ知りたいアノ頃の金利!バブル期の貯金がスゴイことに!?

2016年2月16日から日本でも「マイナス金利」がスタートしたことが話題となりました。ざっくりいうと、銀行などの金融機関が日本銀行にお金を預けても利子がつかないどころか、逆にお金を取られてしまう、という金融政策。欧州などでは一部導入されているそうですが、歴史的にも世界的にも、異例の政策であることは確かなようです。

うーん、正直あんまりピンときません。なにせ私はバブル経済研究家ではなく、ただひたすら過去をふりかえり続けるだけのバブル時代研究家です。そこで今回は30年以上前の1980年から、その年その年の「金利」をふりかえることで、現在の金利の異例ぶりを明らかにしてみます。ついつい懐かしの銀行・金融機関のCM動画を差し込んでしまうところはどうぞご容赦を。

ちなみに記事中の金利はすべて、郵便貯金の定額貯金(3年以上)の当時の金利を指します(出典は日本郵政公社の統計より)。

■1980年4月14日…8.00%
間違いではありません。かつて日本には、定額貯金で3年以上預けると年利8%もの利子がもらえた時代がありました。有名な「72の法則」に当てはめると9年ちょっとで元本が倍になるという、そこらのヘッジファンドもびっくりの高利回りです。つまりこのころ株に投資したら、それ以上の儲けが期待されていた、ということなんでしょうね…。

■ この記事の完全版(全画像・動画付き)を見る

■1984年1月4日…5.75%
ロス五輪の年、金メダリスト・山下泰裕すらも、「チュウコクファンド(中期国債ファンド)」のセールスに駆り出されました。結局「チュウコクファンド」が何なのかよくわからないまま1997年、山一證券は自主廃業となりました。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

いまトピの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク